読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

日本人ナッシュ計画

バスケ部出身の方々と談話するとき。
わたしは本部から伝令をうけ、この計画を仄めかすときがある。(←90%脳内フィクション)
 
 
「日本人ナッシュ計画」
 
 
Nihonjin Nash Plan。略して、N.N.P!(ドウデモイイ?)
いまから10年前、日本のバスケットボール界では田臥勇太選手が唯一、NBAの舞台に立ちました。しかしそれ以降NBAで、日本人の選手が現れていないのは周知の事実。
NBANFL同等に、日本人選手を送り出すことが困難な舞台ではあります。
しかし! この計画のもと選手を育てれば、NBAに日本人を送り込めるのです!
 
tabuse_suns.jpg
 
 
日本人の特性を活かしてポイントガードを輸出する!
 
 
「日本人ナッシュ計画」のナッシュとは、現レイカーズスティーブ・ナッシュ選手のこと。カナダ出身の白人ポイントガード。身長は191cm。趣味はサッカー(?)。
彼はアシスト王を00年代で5度も受賞しているスター選手です。
 
nash_suns.jpg あえてサンズ押し
 
 
日本人はナッシュを目指そう!
 
 
というのが、本計画の主旨です。
彼のプレーであれば、彼の体格であれば、日本人でもイケるのではないか!?
センターやフォワードではなく、ガード! それもナッシュのスタイル! ここしかない!と踏みました。
 
日本人がNBAで通用するのはPGのみ!という割り切りである。 ナッシュを手本とした190㎝PGの育成!そのための、以下をポリシーとする計画なのだぁあ!
 
 
1.日本バスケ界を挙げてポイントガードを徹底育成する
2.小学生で身長の大きいこどもをむやみにセンター特性にしない
3.そのようなこどもは中学の練習でガードをやらせる
4.以上のようにどんどん飛び級させ鍛え、公費でバスケ留学!
 
 
とくに大事なのが、2 です。
身長が他より大きいからってセンターに選んではいけないのです、ヘッドコーチは。
その子が友だちと離れてさみしくたって泣いたって、中学の練習にガードとして参加させる! 夢はナッシュ! NBAで成功した最初の日本人を作り出すこと!
同様に中学でバスケ脳の発達した「大きい」選手は、高校に飛び級! 他より大きくてもガード限定! そんなで協会は全国のコーチたちと協議し、数名セレクションしてアメリカへ留学させる(推薦状つきで)。
 
高校1年生あたりで彼らを本場に送り込む、と。 あちらでは一気に「小粒」と化しますから。これを数年くりかえし、あとはひたすら開花をまつ!
 
 
allen-iverson.jpg
 
 
「背のデカさじゃない。大切なのはハートのサイズだ」
 
 
ボクも大好きなアレン・アイバーソンの言葉。 なんてステキなんでしょうか。
往年のCMでおなじみダンク王スパッドウェッブ。 殿堂入りしたジョン・ストクトン(あ。彼でも185cm)。当時サンズで田臥とポジションを争ったアール・ボイキンス。そして現・代表格ネイトロビンソン。 NBAの歴史では、小兵と評される選手も活躍しています。
 
なんだけど。
 
なんだけど、ということで、190です。 190センチのPGを日本は国/協会をあげて作り出す! いつかタブセについでNBAに立つ選手が見たいものです。
どうでしょうか? 悪くないプランだと思うけどなぁ……
 
 
041012_tabuse_ph02.jpg
田臥選手はリンク栃木で活躍中です。 → リンク栃木ブレックス