読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

茫茫たる、忙忘

 ココロを亡くすと書いて、







うまいことを言う。いや、ちがう
ココロを亡くすと書いて、







ほほほ。うまいのぉ。つまり、要するに、

忙しいウチにいつのまにか忘れ去って亡くしてしまうのが、









というわけだ。
ほほほ。うまいかもしれんが、嬉しくも何ともない
また両方とも「ボウ」と読むのがまた、気にもなるね

いま、自分は繁忙サーキットのなかにある。
ここ2ヶ月心を亡くす思いで、ぶっちゃけ忙しすぎて、シゴトなるものしかしてない気がする。
ほとんどヒトにすら会えていない。このことは暮れに先述したとおり、けっこうクル。
それでも何十年も生きてきて、シゴトとカタカナで書くほど、何のことかよく分かってないのだが。
まあ、ひとことで言うと、



ハワイに逃亡したい



こういうときはハワイだろう。シゴトの骨休めはバカンスと相場は決まっている。
一度しか行ったことないけど。
ここにひとつ人生の指針が、ある。


はじまりがあれば、いつか、終わる。


ということだ。どんなに泣いても、騒いでも、
時間がくれば、終わってゆく。むろんそれまでに、手がけないとおわれないのだが。
それとて、3年もすれば、
「そういや、そんなこともあったなぁ・・・」などとのど元のノドゴシすら忘れるものだ


ふしぎだ。
このことは、いつも思うことだが、とてもふしぎだ。


ヒトは忘れるのだ。
わるいことばかりでは亡い。
むろん、いいことも過ぎ去って忘れてゆくのだが。 おっと、すまん。
トゥーシャイなことを言うつもりでもないのだが、なんたって心に隙(すき)がないのでな。
とかく了見が狭いのだ。ココロが狭まると、どうしても考えも狭くなる。ゆとらないのだ
それがこういう時期の特徴でアリ、じつにいやな現象である。
とにかく、忙しいというやつだ。 それにつつまれている


まああとちょいだ。 それも、じき終わる。
じきに終わったら、ヒトに会おう