わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

グッとくる「オズの魔法使」

昨日、17日。
Bunkamuraでハリウッドフェスティバルオーケストラの東京公演を観に行きました。
 
そのコンサートの最後のパートは、往年の名作映画が楽団のバックに流れます。
その映像を編集したのが年末年始でした。初日大阪オリックス劇場のあと、ふたたび観に行く機会に恵まれたのが昨日だったというわけです。
 
 
素直な鑑賞ベースに最後ドキドキが待っている
 
 
というのは、本当に心臓にわるい。笑
この公演自体がとても素敵なコンサートであることは、充分すぎるほど堪能できますが、ね。自分の収めたパートがどうしても気になってしまうわけです。
それが最後にドカンとやってくる。
はたしてライブという生き物と、映像はちゃんとリンクするだろうか?
とっくに手の施しようはなく当日ボクができることなんて「祈る」ことくらいにもかかわらず、です。人知れずドーパミンはき出しながら、ご祈祷奉ってしまいました。
まあそんな心臓への負荷とは一切関わらず、観客のみなさんが充足されていたら、なによりです。
 
今回は「オズの魔法使('39)」「シャレード('63)」「風と共に去りぬ('39)」を編集しました。一曲のなかでそれら名作がもつ「エッセンス」と「物語」「エモーション」を追えるように。
それも今回の指揮・グルーブ感のなかを流麗に、時にはスリリングに展開する。そんなことを気にかけて編集していたのですが、一つ、気付いたことがありました。
オズの魔法使」を編集しながら感じたことです。
 
 

f:id:piloki:20190108084114j:plain 



オズの魔法使」。
 そうか、これはドロシーという女の子の、通過儀礼の物語なんだな

 
 
 
ということです。
邪推も多分に含みますが(笑)、これは「女の子のカミングエイジもの」と捉えてイイのではないか。まずこの物語に男の子が主人公だったら、なんて想像さえできません。
女の子の物語なのです。女の子が「女性」「おんな」になる前の、きわめて短期間にしかありえない芳醇な「儀式」ではなかろうか。
 
ドロシーは女性になるので、いつかは夢の国を離れなくてはなりません(ずっと居たくとも)。
ドロシーの牢獄に置かれた赤い砂時計は、そんなタイムリミットを如実に現してはいないだろうか。その意味で、魔女を倒し手に入れるほうきはその「証」ではあれ、決してクライマックスではないのです。
 
 
別れ」こそがこの物語の肝(キモ)なのです。
かかしやブリキ、ライオンとの別れが最大項なのです。
 
 
だからこそ観客は、その旅の終わりにグッとくるのです。
ボクもグッときながら編集してましたよ。笑
しかしボクは男なのでむしろ、かかしやブリキ、ライオンがとかく泣けて泣けてしかたないのです。
OK。ちょっとオシゴト離れて言いますけれど、ドロシーよ、と。




キミは女になるんだね
それはステキで豊かなことだよ
でもね、ぼくらはずっとかかしやブリキなんだ




・・・。 だめだ・・ グッとくるわ・・
むろん彼らはそうとはけっして告げず、ドロシーとの別れを素直に惜しむのです。
彼らはこうも知っています、この冒険に出られたのはドロシーのおかげなのだ、と。
愉・し・かった、と。
誰もが通りすぎるだけのボクたちに語りかけてくれたことが、どれだけ嬉しかったことか・・。
だからこそ、かかし・ブリキ・ライオン彼ら三人のほうが、ドロシーの何倍も半端なく悲しむのです。それはその意味を彼らが、知り抜いているかのような別れなのです。
とにかくここに、ボクはグッときてしまう。(書いてても泣けてくるよ、まったく。)
 
 
 
 
冒険譚のうらに、そんなとてもとても繊細でこわれやすいモノをつつむ、1939年の名作。女の子をもつパパは、子供と一緒に見てくださいね、「オズの魔法使」。