わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

哀と情熱のブラジル

今週はアタマに一つのプロジェクトがおわり、昨日もひとつ提出物が片付いた。
なので夜、鈍った身体を動かそうと「個サル」(個人参加型フットサル)にいったのだった。「個サル」は球蹴り中毒患者の集い。あるいは、チームに所属できないどこかしら問題アリアリな人々の集いかもしれないが。
 
で、やっちまった。
 
今日はカラダが動くぞぉ!なんてはりきってゴール前までドリブル。
ワハハハ! キーパー(ゴレイロというらしい)の動きがよく見える!
ラピュタの力を思い知るがいい!
オレは左足を振り抜いた!
 
 
 
ガシ・・・
 
 
 
足下にあったボールがなくなり、そのかわりオレが蹴ったのは、誰かのカカト・・・。
カカトと足の甲のどちらが強いだろうか?
一瞬でにぶーい痛みを感じた。 やっちまったことがわかった。
 
 
く・・・このジジイ・・・
 
 
 
どっちがジジイかはさておき、足を出した野郎を呪っても始まらない。 昨日の終戦である。歩くたびににぶく痛み、完全にビッコ引いて、それもゆっくり歩くのがやっと。
今日、一番近い病院に到着するのもえらく時間かかった。
うっすらご老人のお気持ちもわかりながら、診察へ。 30代かな。 若い先生だった。
 
 
医師 「あー ちょっと腫れてるね、フットサルかな?」
 
オレ 「ええ、まあ、振り抜いた先に固いモノがありまして・・・」
 
医師 「ここいたいね? 足の甲は細かいからね、CTとレントゲンとるよ」
 
オレ 「ぼくの見立てでは、打撲、なんですが」
 
医師 「靱帯も集まってるし、もちろん骨折の可能性もないわけではないから」
 
オレ 「・・・・・・」
 
 
じ・・・靱帯・・・。
しかし怪我の心配もさることながら、オレのあたまは次第にひとつの想念で埋め尽くされていった。CTスキャン、レントゲン撮影と工程がすすむなか、ぼんやりと、しかしくっきりと、それは広がっていった。 待合所でも、「そのこと」ばかりを考えていたら、まもなく、オレの名前が呼ばれた。
診察室にはすでに左足のレントゲンが張り出されている。オレも局部に目をこらした。
 
 
医師 「見ての通り、レントゲンに陰はないし、骨折はしていない」
 
オレ 「・・・・・・」
 
医師 「CTスキャンで靱帯をチェックしたが、大丈夫そうだ」
 
オレ 「よ・・・よかったーーーーーーー」
 
 
思わず安堵した。
まるで受験生が自分の番号を見届けたときのように。
 
 
オレ 「では、先生、打撲ということで?」
 
医師 「うん。 いまは痛いだろうが、痛みはじきにひく。大丈夫だよ」
 
オレ 「では、先生、」
 
 
オレはこの時しかないと思った。
アタマにもたげたあの「想念」に片をつけるのはこの時しかないと思った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オレ 「ブラジルには、間に合いますか?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなにも無意味なことばがかつてあっただろうか。
それもトモダチならまだしも、本職の外科医にいうこの意味のなさはなんだろうか?
オレはこのことをずっと考えていた。 CTスキャンを受けながら、レントゲンを撮影しながら。 オレにそれができるだろうか? オレにそれが! まるでドフトエフスキーの「罪と罰」ばりの自問だ。今日、それを彼に言えたなら、オレは勝利者だ。 しかし確証はもてない。もてるわけがない。ええいオレよ、打たないシュートは入らない。 打て! そして、やった! やってやったのだ!
 
 
 
 
オレ 「では、先生、ブラジルには間に合いますか?」
 
医師 「・・・・・・」
 
 
 
 
木村担当医は一瞬、オレから目を外し下を向いた。
そして、笑顔でオレを見た。
 
 
 
 
 
 
 
 
医師 「間に合います。大丈夫。痛みが引けば大丈夫」
 
 
 
 
 
 
 
 
なにーーーーーー! なんだこの展開ーーーーーー!
オレが読めなーーーい! 一歩も動けなーーーーーい!
 
 
 
オレ 「すみません、これだけ言いたくて・・・」
 
 
 
看護婦さんはどこかぎこちなくシップを貼ってくれた。
そしてほどなく診察室をあとにした。とにかくオレは、木村医師による命がけのフォローの甲斐あって、ブラジルに間に合うことができる。
木村先生、まじありがとう。 あなたの処方箋のシップ、大切に貼るわ。そんなわけで、ブラジルでの闘いが少しずつ、近づいている。
みなさん、いかがおすごしですか?
 
 
 
FIFA World Cup 2014 Brazil オレ公式ソング