わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

京らーめん糸ぐるま

f:id:piloki:20180509030118j:plain

ダイレクトなタイトルを付けてみた。
そのお店の名前は《京らーめん糸ぐるま》。

京らーめん糸ぐるま
京らーめん糸ぐるま
京らーめん糸ぐるま

4回唱えれば覚えると思って連呼した。
この京らーめん糸ぐるまの店舗数が激減している、という衝撃の事実をGW中に知った。なにもタイムリーなことは一切なく、ヤフー記事でもニュースでもなく、勝手に調べたところ激減に気づいたのだ。



やばいぞ、みんな!
あるうち行った方がいい!
そして京風らーめんを食すのだ!!!



ゴールデンウィーク
その「B面」。ああ、国民の休日が終わってしまう・・・と日本全土が最もブルー一色に染められる「ため息のような一日」が、GW終了1日前だろう。今年で言うと「5日・土曜日」だ。
残すのは今日と明日だけか・・明日になっちまえば覚悟も腹もすわるのに・・と、限りなくブルーなモーメントが今年は5日だったわけだが、そこでオレはぼんやりこの事を考え込んでいた、





ゲスいらーめんが食べてーなぁ・・・





ゲスい食。なんと言えばいいだろうか・・。大好きなんである。
この「ゲスさ」という表現をどう言語化したら伝わるだろう。

たとえば焼きそばなら・・・ペヤング
たとえばスナックなら・・・たこ焼きくんやサッポロポテト
たとえばチョコなら・・・・クランキーチョコ

昔からありつつ、コンビニでは定番過ぎてなかなか手が伸びずも、たしかにうまい奴ら。
しかも人口加味ばりばりで、味の素がきいてるゲスいあいつら。
しかし「よっちゃんいか」まで行くと、人口加味すぎてパスな、ぎりぎりの領海線。
それが「ゲス差」だ。

つまりファミレスのらーめんもゲスい。
ファミレスでらーめん、ふつう頼まんだろ?
あの細麺で、味は平均的で味の素なあの、ふるい感じ。
そのもっとも完成した、かつ「うまく」ゲスいらーめん、それがオレの中で


京らーめん糸ぐるま


なのだ!!!!(力説)
断っておくがすべて、褒めている!
「ゲスさ」とは一つの方法論であり、哲学である。

ラーメンショップ、ラーメン専門店は至る所にある。それはオレが言わなくてもいい。
うまいものはうまい。
だが、ゲスい分野で「傑作」は少ない。
なお他では記憶しているところ旨かったのが、


井上


である。東銀座、築地場外にあった。ここのラーメンも味の素がぴりっと来てムーディーだった。
しかし火事で残念ながら消滅してしまったね

f:id:piloki:20180509025444j:plain


見てくれ・・・。
これが、京らーめん糸ぐるまの分布図だ。

なぜオレが好きだったか。
実家のある、二俣川西友に以前あったからだ(またこの、西友ってのがいいんだ)。
ここで食べるらーめんが大好きだったのさ。幼少に覚えた味は強い、ということだろう。
が、もう実家近くにないどころか、目を疑った。
関東近県で6店舗しかない。今日はこれしか言わない



京らーめん糸ぐるま



みんな一度訪れてみよう! まじでおいしいからさ!
たとえ今のラーメンショップの味に慣れていようともだ!
そしてがんばれ! 糸ぐるま! 近々いくからな!


f:id:piloki:20180509030118j:plain