わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

グルテン中毒《ジャンキー》

f:id:piloki:20180726040922p:plain


グルテンとは、小麦粉に含まれるタンパク質=小麦たんぱくのことである。
ブログタイトルを検索すると、けっこうな数のサイトが出てくる。グルテンフリー」は、もう実践経験者も多いことだろうとも思う。で、オレは試しに「グルテン中毒」ってググってみたわけだ。



はいはい。案の定、でてくるわな・・・



たとえば、このページとか。


こういうページってどの「派閥」の、どんな「思想」が背景にあるかっていう客観性への注意もあるが、耳を貸すべき点は多い。あくまで自己判断ではあるが。このページから引用すると、

グルテンは胃腸で消化されると、ポリペプチド混合物(高分子化合物)「エクソルフィン」に分解されて脳に侵入し、モルヒネ受容体――アヘンと結びつくのだそうだ。
さらに興味深いのは、ナロキソンという、ヘロインやモルヒネの作用を瞬間的に無効化する薬を投与したところ、エクソルフィンとモルヒネ受容体との結合が遮断されたという事実である。
こうしたことから推察できるのは、小麦にはモルヒネ様作用があるということだ。小麦のモルヒネ様化合物(エクソルフィン)は脳に侵入し、多幸感を生じさせる。半面、小麦を摂取しなければ、不快な禁断症状があらわれる、というカラクリだ。小麦は、食欲促進剤なのである。

さらに、小麦の摂取によって生じる、(1)血糖値の急上昇(2)インスリンの過剰な追加分泌(3)血糖値急降下――この一連のサイクルが摂食中枢を刺激して起こる、まやかしの空腹感も、食べすぎに拍車をかける。


モルヒネ様作用とは字のごとく「モルヒネの様な作用があるよ」ってことだ。モルヒネをわかりやすく言うと、ケシから抽出されるアヘンの子供成分である(孫成分がヘロインとかね)。で、小麦粉の成分グルテンモルヒネの様で、かつ、多幸感につながるよ、と言っている。


よくわかる話だ。


たこやき焼きそばパスタも。
ピザ・マルゲリータ唐揚げ餃子ラーメンクレープも。ああ、ホットケーキも!
「作った人天才だ」と思うが、どれも




無性に喰いてぇ!




という、禁断症状がたまに襲ってくる。

え?オレだけ?——いや。そんなはずはないだろう。経験則でも、




無性に白米が喰いてぇ!


より


無性にピザが喰いてぇ!




の方が回数として多く、巻き起こる衝動は苛烈だ。

要するに、中毒なのだ。

たこやきをイマジンするときと、白米をイマジンするときではすこし、毛色が違う。
それは肉々しい肉と、青魚へのイマジン比くらい、違う。脳内の「呼び込み」が全然違うのだ。
体感則として完全に「刺激ブツ」としてグルテン小麦たんぱく)の方が白米より確実に上だ。

また小麦の方が確実に、血糖値をガツンと持ってゆく。その血糖値の《上げ下げ》に馴れ、同時にそのお手軽で、インスタントな魅力から、いつしか「グルテン・ジャンキー」としてヒトは気づかない間に小麦粉を欲するようになるのだ。それは恐ろしいことではないのか?


もっとも、シロモノは気をつけろ。は有名な話だ。白く精製された食材。
白米・砂糖・塩・小麦粉・・
それらは大小はあれ、かなり問題がある。小麦粉だけをワルモノにするのはフェアじゃない。
が、しかし。小麦粉由来は《求め方》がハンパない。あなたも下記を思いだしてみればいい。




あなたが一番太っていた時、何を求めた?




ということを。おそらく小麦粉由来のナニカだ。
ジャンクランキングでも超要注意は《小麦粉由来》なのだ。まじで気をつけよう




・・と。
先日、目の前のたこやきを頬張りながら「まじでこれ作ったヒト天才だ」と痛感しながら、同時に、そのフワクチュな歯ごたえの先の「多幸感」そしてその先の「恐ろしさ」を考えたわけだ。
もっとも、小麦粉から逃げることは容易くない。調べればわかるが、まずはガッツリ「禁断症状」に襲われるだろう。ヤツの多幸感はそれほどまで、脳内に侵食しているのだから。

 

グルテンを含む食材
パン/ベーグル/パスタ/うどん/ラーメン/焼きそば/お麩/マカロニ/小麦粉/全粒粉/パン粉/ピザ/天ぷら/揚げ物の衣/餃子・シュウマイの皮/肉まん/洋菓子/カレーやシチューのルー/ビール/発泡酒(チューハイ等)…
グルテンを含まない食材
米/餅/ビーフン/そば/雑穀/米粉/大豆粉/玄米粉/そば粉/片栗粉/葛粉/コーンスターチ/肉/魚/卵/野菜/果物/豆腐/乳製品/和菓子/チョコレート/お茶/コーヒー/紅茶/牛乳/豆乳/日本酒/焼酎/ワイン/シャン

 


ということらしい。揚げ物の衣なんて、ミッションインポッシブルだ。
ためしに、米粉の揚げ物を試してみたらすぐわかるよ、「ガツンとこない」から。
紅茶にはグルテンは含まれない。しかしシフォンケーキとのセットでガツンとくるのだ。


さあ、すっかりジャンキーな、
オレを含む、みなさん。がんばっていこう





追記
このブログを通してみると《自分と小麦粉》にぶち当たる。笑

▶京らーめん糸ぐるま - わが心のBlog
▶ドーナツは甘くない - わが心のBlog
▶序破急マクドナルド - わが心のBlog
▶ヨックモックとポンパドール - わが心のBlog

などなど。笑

そんなグルテン系の中でも、現時点の「最高傑作」との呼び声高い(?)「ラーメン元カノ論序説」を最後に挙げ、今宵のグルテン(刺激ブツ)とします。みなさん、ごきげんよう

loki.hatenablog.com