わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

負のエアポケット → 自己ヒーリング実況中継

みんなたまらなく憤怒に満ちたときって、どうしていますか?


本当に、他の人はどうしているんだろう。
もう、物を壊したくなるくらい、
お約束だけど本当にガラスを割りたくなるくらい「怒り」を溜めたとき、


どうしていますか?
どうやって解消しているんだろう?


酒を飲むのかなぁ。そういう人が多いのかな?


怒りにも質がある。第三者に裁かれる、公平なジャッジのあるシチュエーションなんて滅多にあるものではない。じつは、そんな状況は幸福に近い。 恵まれているはずだ。
本当に自分だけがある種【エアポケット】に入る瞬間というものがあり、その方が多いのではないか。
そして、それこそが、堪えるのだ。 たいへん、こたえるのだ。

誰も知らない。
あるいは、誰も気づいてない。 オレだけがエアポケットに入った場合。
あるいは、オレと、そいつ(ら)しか知り得ない。
そいつ(ら)が助かり、(そいつのかわりに)オレがエアポケットに入った場合。

この2パターンこそが質量の高い、ため込む、とっても負の怒り血中濃度ポイントだと思うのだ。
ホント、みんなどうしているのだ? 本当に、機会があればおしえて欲しい。


自意識である。 すべては自意識だ。
それはわかっている。
が、今「怒り」の話をしているわけで、そんなこと言ってもとまらないから話をつづける。


怒りには「願望」がついて回るだろう。「期待」もついて回る。
何にも期待してなかったら、怒り狂うこともない。あ、そう? で終わる。
怒り狂うにはなんらかの、「理想」がオレの中にあるのだろう。 でないと、怒れないはずだ。
プンスカプンスカ! フツフツとクドクドと怒ってるオレの想念は、しつこいが、粘着質にしつこいぐらい、グロテスクなほどの「期待」や「願望」や「理想」を持っちゃってるということなのだろう。
それがどうこうではない。繰り返す。「期待」や「願望」や「理想」を持っちゃってるのだ。
だから怒るんだと思う。


関心があるから、怒るのだ。


いいかい、今、いいことを言っている!w
思いだして、「思いだし怒り」して、壁をぶん殴ろうとしてやめて、ガーッと血中濃度はあがって。
でも、どこにもはけ口は、ない。
ないけど、こうして書くしかないだろう? その怒りを、いや、その怒りの主成分を。
おかげで書いたことで気づくよこのやろう。


関心があるから、怒るのだ。


期待もするから、怒るのだ。


自意識である。 すべては自意識だ。
そっちにいきたくて、いけなかったから怒るのだ。「あ、きったねえ!(オレも行きたかった)」と。
願望からの怒り。 これがあったとして、だ。
今のオレなら、数分前のオレとはちがう。 つまり、


きたない

オレがそっちにいけなかった


という要素・ひっかかりを明文化してみて、こう問う


そっちに行ったらオレはかっこいいのか?



くそ。オレはいくつだ! 40を過ぎた男がこう自問しよう。
おい、オレよ。


そっちに行けたら、オレはかっこよかったのかよ?



こうして言語化すると、しかもブログに露出狂のように告白してると恥ずかしいわ
だが、こうして書き殴ることでわかることもあるのだ。
今、リアルタイムで自己ヒーリング中なのだ。その実況中継だこのやろう

いいぞ、落ち着いてきた。

たぶん、かっこよさのかけらも見当たらないだろう。
その【エアポケット】を恐れて逃げたら、もちろんこうして【怒り狂う】こともなかったろうが、でも同時に、かっこよくもないのだ。 むろん、エアポケットに落ちたオレがかっこいいかと言われれば、かっこよさはないのだが。 少なくとも、そいつらよりは、行為としてダサくはない
落ち着いてきたから、なんとなく先が見えてきた。 おそらく、このあと、


赦し・許し


のフェーズに移行するのだろう。 「そいつ」を許すってことだ
ふー。
だが、もうやれるわ・・・たぶんね。 それにべつにもう、許す必要すらないともおもいだす。
(許すが必要なのは、苛烈な、きわめて苛烈な呪いだけではないか、と思うときがある)

言語化せずにココロで対応できそうだ。



そんなわけで、思いがけず、こんなブログになった。
なにがあったの? なんて無粋なことはきかないでくれよ。
だれもがもちうる、「怒り」についての話だ。
たぶん、具体的なナニかなんて、すぐ忘れるだろう。今日は、このプロセスだけ残しておきたい。


今まさに実況中継で、怒り狂いを自己ヒーリングで鎮める、の巻 


あー。一時はどうなるかと思った