わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

「飯テロ」周辺の話

今日始まったことでもないが、この機会に書き置いておくことにしたい。SNSの飯テロについて。
SNSでヤバいのは、イメージが予告もなしに飛び込んでくることだ。
とくに私が激しく逆ギレし危険なのが、「ラーメン」の写真つき投稿だ。あるいはグルメバーガーや、にくにくしい肉の投稿だ。


旨そうじゃねえかぁあ、このクソがぁぁぁぁ!!


思わず失礼した。完全に逆ギレするのだ。超うまそう。ファッキン旨そう。
そのイメージは網膜を通り脳内で電子信号として補完され、なに風味で最寄りだと何処が近しいか、何店舗かリストアップされる(脳内で)。顔認識ならぬ、だし認証、あるいは脳内味覚スキャナーによって、チャーシューの厚みやほろみ、冷え乗せかどうか、脂の浮き具合と色味からダシの出来が一気にスキャニングされる。

早い話が、唾を飲む。

それも深夜に投下される写真は犯罪級だ。1日の慎ましい最後に完全にそぐわん。
ふんがぁ−! なにかしなくてはぁあ! と使命感に燃えてしまう。深夜なのに。
つまり、迷惑なのだ。 誰だって腹へるだろ!この時間!と逆ギレする。
しかし投稿者は感動から無邪気に投稿している。非はない。 非はない?
本当に非はないのだろうか? あるだろう。
世の中には「感動ポルノ」という造語もこの2010年代にはできたのだ。
その意味をよく噛んでみることも大事だ。

「飯テロ」(めしてろ)という造語も最近知った。
欧米の言う「フードポルノ」とはニュアンスが近いが別用語だろう。飯テロを引くと

食欲をそそる料理や食べ物の画像(唐揚げ、ラーメンなど)をweb上にアップし、見る者を空腹感で悶えさせるテロ行為のこと。
テロの破壊力が大きい(空腹になっている人が多い)深夜の時間帯に行われることがほとんどである。食事テロや夕食テロとも。

 
と、はてなキーワードに乗っていた。まんま、オレの印象のとおりの言葉だw。
フードポルノ」と欧米で使う場合、日本の軽い意味とは異なり、もっと意図的な意味合いが強い。
うまみを「強調する」、主語としては「食品業者」が、という意味が強いらしい。※Wiki
日本の「飯テロ」の場合、主語が横並びの「ともだちや知人」。
海外の「フードポルノ」の場合、主語はトップダウンの「食品業界」、ということか。

海外とのちがいを考える場合、日本は旨いモノがあふれている、というお国事情もあるだろう。
海外がやたらグルメにこだわりだしたら、みんな、自ら「飯テロ」投稿が増えるかも知れない。
海外に友人は多くないが、おそらく日本くらいではないだろうか?
ここまで「今日のごはん」をアップするのは。


意地悪ついでに言うと、「今日のうんこ」。
結局、これと対をなすのが「今日のごはん」だぜ? 投稿者はそれをわかっているのだろうか?
うんこ。その歴史はふるく(笑)、小学生の男子がもっとも情熱を持って取り組む言葉がこの「うんこ」である。 うんこ! うんち! まじかよ、うんこ! なぜ、こうも小学生は熱くなるのか?
それはもっとも身近で創られた、アートだからだ。自分一人で達成した「作品」だからである。
しかし同時に小学生は、半分以上間違えているのだ。
うんこは自然の摂理だからだ。
腸内が反応して体外に不要物を押し出したに過ぎない。目的は単純で「ボディの健康のため」だ。
それをあたかも、オレだけのアートと勘違いするから、ガキはガキなのだ。


料理をSNSでアップする前に、本当に一度、自分のココロに聴いて欲しい。
これは必要なのか? ぶっちゃけ流行だから乗せようとしているのか?、と。
自慢したいなら、それはそれでいいのだ! でもそこに無自覚であっては、君の負けだ。
なにに負けてるのか? それはシステムにだよ。現に君は流行に負けてるのさ。
いいかい? その店の名前を誰が明日までおぼえてるというんだ? もう一度言おうか?、と。
せめて、なんで感動したのかくらい、正直にのせてほしい。写真じゃなく、君のココロをのせてくれよ、と切に願いたくなるときも、オレは正直言うとある。
いいね!を思わず押してみるが、それは本当に押したいから押すのだろうか?
なぜ人がたべる、うんこになるモノに「いいね!」を押すのだろうか?

ポルノとは電気信号のことだ。
男なら誰だって裸の女性が目の前にいたら反応する。それは体内の電気信号レベルで。
意図や理性は関係ない。ただの脳内シナプスの刺激信号だ。
人はただの刺激の箱ではない。 ココロで語りましょう。
本当のおいしさはどんなにスマホで撮ってみたところで、映らないんだからさ


答えもないが、以前もこんな記事を書いた。
もしよければ、どうぞ。 ラーメンとは、バイオレンスだと言っている。
しかも、追憶の元カノなのだ

loki.hatenablog.com