読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

空想のスープ

火を入れ かき混ぜる



料理と空想はいっしょだ



脳ミソの 空想スープは ちゃんと火にかけ
あっためてないと すぐ傷む

空想のスープを ひと回し
おたまで 手で 腕で かき混ぜる

そのうちスープのなべが 樽のように 大きくなって
とてもじゃないから カラダごと浸かって 潜って かき混ぜる

もうスープなんかじゃない 味も熱さもなくなって みずうみか まるで海のよう

ブクブク潜って 深海をさまよう

深海の底にいたら 夜があけてきたよ



f:id:piloki:20160607040256j:plain



空想のたびって こんなかんじだ


アイディアって 共通の磁場があるんだ そのフリークエンシーでしかない
どこにでもあり自分のものじゃない 掴むか 掴み損ねるかしかない

 
と あるヒトは言った 脚本家の倉本聰

1週間書かないと元に戻すのがたいへんだ 空けると怖くなる

 
ということを言っていた これらは空想のチャンネルをよく示している

「チャクラが開く」 そんな表現もある

それらの重さにここにきてやっと まだ端緒であれ 本当にようやく 気づけた気がしてうれしい



冒頭にもどるよ




  火を入れ かき混ぜる 料理と空想はいっしょ


  空想のスープは ちゃんと火にかけ あっためないと すぐ傷む    by カフェ俺

 




だから 世の料理家(よのママ方ふくむ)は いつも 愉しそうな目をしているのさ

まずは 火をつけよう