読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

Oleta Adams「Get Here」

昨日、夕方にふとインターFMを聴いていたら、この曲が耳に飛び込んできた。
Oleta Adams「Get Here」。
 
GetHere.jpg
 
この曲を聴いていて、同時に想うことがあったのだ。 それは、
 
なんかさ……こういう曲を聴いて
多幸感に包まれるような人になりたい
 
めちゃくちゃいい曲だと即座にわかった。と思った。英語わからずともびんびんきた。
そんなパワーバラード(Power Ballads)である。ド・ストレート。
きっとそうにちがいない。 なんの思想性もなく、ひねくれもせず、照れもせず、うつくしく、何かをたたえたバラードであった。
 
 
こんな曲ちゃんとシェアするオトナでさ
肩を抱いてさ 満たされた関係というかさ
 
 
そんでさ、焼いてさ、喰ってさ・・・・・・あ、いけね、目から水が・・・・・・
聴いてて、そう想った。
ちと自分から遠くてな? おお。 シェアする人たちってどんななんだよと? おお。
もう一度言うが「こういう曲聴いて多幸感に包まれるような人」にボクはなりたい!
そんな、ミュージック体験。
というわけで、記念に歌詞も調べたので乗せます。
がんばって訳せば、多幸感に浸れるのかな?と思って(←痛)
またなにが偉大って、オリジナルがブレンダ・ラッセルなんだよ!ホントすげー才能。
Brenda Russell が書き、そしてオレタ・アダムスのボーカルが有名にした1990年のヒットナンバー。
 
Get Here。けっして、Come Here ではない。
「ここを得て」つまり「ここにいるという状況を、つかみ取って」。
それも「If You Can」! このイフ、ユー、キャンの重量感たるや。ステイ・チューン
 
 


Get Here Music by Brenda Russell Vocal by Oleta Adams
 
You can reach me by railway  You can reach me by trailway
You can reach me on an airplane  You can reach me with your mind
You can reach me by a caravan  Cross the desert like an Arab man
I don't care how you get here  Just Get here if you can
You can reach me by sailboat  Climb a tree and swing rope to rope
Take a sled and slide down the slope  Into these arms of mine
You can jump on a speedy colt  Cross the border in a blaze of hope
I don't care how you get here  Just Get here if you can
There are hills and mountains between us
Always something to get over
If I had my way, surely you would be closer
I need you closer
There are hills and mountains between us  Always something to get over
If I had my way, surely you would be closer  I need you closer

You can windsurf into my life  Take me up on a carpet ride
You can make it in a big balloon  But you better make it soon
You can reach me by caravan  Cross the desert like an Arab man
I don't care how you get here
Get here if you can
I don't care, I don't care  I need you right here, right now
I need you right here, right now, right by my side
Yeah yeah, yeah yeah
Yeah yeah, oh
I don't care how you get here
Get here if you can
 
わたしにちかづける 電車でも  わたしにちかづけるわ バスでもね
あなたはちかづける 飛行機でも  あなたはちかづけるの ちえをつかって
わたしにちかづけるわ 幌馬車でも  さばくをこえてきて アラブのひとのように
あなたがどう来ようと わたしはかまわない  ここに立って あなたにできるなら
わたしにちかづける ボートでも  木に登って 綱から綱へ渡ってみせて
ソリにまたがって その坂を駆け下りて  哀愁のレディングを聴きながらね(these arms of mine
お馬さん(Speedy colt)のように飛べるわ  裂け目を越えるの 希望の炎を点けて
あなたがどう来ようと わたしはかまわない  ここに立って あなたにできるなら
                        (以下、キュン死したので割愛)