わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

Mercury Rev 「Holes」

マーキュリーレヴの1998年の絶曲。 折にふれ、何度聴いているんだろう。
春だというのに。。。 いいや、春だからこそ、内省サウンド全開なのだ(?)。
映像はこの投稿者が貼り付けた、The Red Baroonという子供用ドラマ素材とのこと。
 

"Holes" by Mercury Rev
 
Time, all the long red lines,  that take Control, of all th smokelike streams
that flow into yr Dreams, that big blue open sea,  that can't be Crossed, that can't be climbed,
just born Between, oh th' two white lines,  distant gods an' faded Signs,
of all those blinking lites,  you had t' pick the one tonite...
 
Holes, dug by little moles,  angry jealous Spies, got telephones for eyes,
come t' you as Friends,  all those endless ends, that can't be Tied,
oh they make me laugh,  an' always make me Cry,
til they drop like flies, an' sink like polished Stones,  of all th' stones i throw,
how does that ol' song go  how does that ol' song go...
 
 
時間 長く赤い線の束  調和の取れた その煙のような流れは
きみのゆめに流れ込む きみの大きく青い海に  けっして交わらず 乗り越えることのないそのなかに
ちょうどうまれたばかりの おお ふたつの白線のあいだ  とおく神々と 消えゆく標識
いまいましい光のなかで  今夜そのどちらかを きみは選ばなければならなかった
 
テルミン・ソロ)
 
穴ぼこ 掘ったのは小さなもぐらたち  怒れる嫉妬のスパイさ お目々ほしさに電話して
ともだち面で 君のもとへやってくる  すべてのおわらない終わりは しまりもなく
ぼくを ずいぶん笑わせて  いつだって ぼくを泣かせるんだ
そうしてハエのように落ちてって 磨かれた石みたく沈んでく  投げたなかでも とびきりいい石だった
あの古い歌は どんなだったっけ  あの古い歌は どんなだったっけ……
 
Mercury Rev.jpg