わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

魅力的なヒロインを考える

正月で帰省し兄などに会うと、かならずマニアックでディープな会話になります。
兄弟姉妹の居る人はわかるでしょうけれど、兄弟だけに通じる言語があるわけです。
「金田一」の台詞をサッと出しては、まるで連歌のように返答するわけです。
 
私 「ア・カ・イ・ケ・イ・ト・ノ・タ・マ。 なんだろ?」
兄 「は、俳句だ!」
私 「しまったぁ−!!!」(頭を抱える)
兄 「トヨエツ版な。 ひどい出来な」
 
もはや会話ではない?
いや正月の歌会を嗜んで(たしなんで)おるわけです。ええ。それもたいへん高尚な。
さて、そんな会話の中でおもしろい考察があったので、紹介します。
ヒーローモノ(アメコミ限定)のヒロインについて。
 
命題は、 「ヒロインはどうしたら魅力的になるか?」
 
superman-lois.jpg
 
 
◎あねご肌のB級感覚
 
二人(兄弟)の出した、暫定的な回答。
それは、
 
姉御肌のB級感覚』こそ、すばらしいヒロインである
 
ということだった。
アメコミ史上燦々と輝くヒロインに「スーパーマン」のロイス・レーンことマーゴット・キダー がいます。 ヒロインの魅力を紐解くに、彼女を引き合いに出す以外なかろうという意見で一致した。
 
Lois-Lane-011.jpg
 
彼女は、美人だろうか? ええ。まあ。ええ。 OK。
語弊を恐れず話を進める。 もう一度言うが彼女は、美人だろうか?
ちがう、絶世の美女(A級)ではない。しかしチャーミングなのだ。この点がとてつもなく大事だ。
動いてるロイス・レーンはおそろしく魅力的である。重要すぎる。写真ではなくムービーだからだ。
彼女はよくスペルミスをする熱血新聞記者。(スペルミスの癖は原作にあるらしい!) なにより鼻っ柱がつよく、とてもお嬢さんとは言えない「アネゴ肌」で職場を邁進する。一説には彼女(マーゴット・キダー)自身が、こんな竹を割ったような人らしい。
 
が、内訳はなんだっていい。
この「アネゴ」肌気質が重要なのだ。 なぜなら!
 
Superman_Margot+Kidder_1978.JPG
 
この一コマは、自宅でスーパーマンに単独インタビューを敢行するシーンのもの。
見てください。この、すこし「乙女」に戻りましたよ、感。 それもちょっと久しぶりですよ、感。
 
この、仕事と私生活の不器用なギャップ。
これがたまらない効果としてさらに彼女を魅力的にするのだ。
こういった点でも絶世の美女や、鑑賞系デルモちゃんにはぜったい出せない味が出る。
もっと言えば、彼女は文字通り白馬の王子を待っていたが、巷では見当たらないだけ、だったのさ。
むしろこうして、ヒロインの性格までにじみ出てしまうリアリティこそが、本当の「美」である。
ちなみに監督したリチャード・ドナーはアメコミ映画マニアの間では今でも「神」扱いらしい。このことは生き馬の目を抜くネット社会のなかにあって珍しい。 むろん、「I」を見る限り当然なのだが。
 
 
◎確実に美しすぎないこと
 
くりかえすが大事である。
その意味において、「お、さすが。 良い線ついてるね」と思えたのが、
ノーラン版バットマンのヒロイン、マギー・ギレンホール である。
 
gyllenhaal-dark-knight.jpg
Darkknight.jpg
 
法令線がキュートですねー 良いですねー
立て続けに出していくが、すべて時代を獲ったヒロインである。
何をか言わんや、です
 
Leia.jpg
princess-leia-gold-bikini.jpg
 
今もっとも旬な人、レイア姫 もね。(法令線は必須ヒロインコードかもしれない)
なおマギー・ギレンホールと共通して、おかめ顔である。ありがたく、幸多いかんじ。
「帝国の逆襲」でのハン・ソロとの別れはいまだに、というか新シリーズがあるからこそ、忘れがたい。(あ。このジャバ・ザ・ハットの奴隷(スレイブ)モードも時代を獲りましたけど)
 
RaidersMarion.jpg
46_indy_and_marion.jpg
 
「レイダース」のマリオン (カレン・アレン
この姉御も最強ヒロインの一人として、映画ファンに愛されています。ボクも大好きマリオンさん。
ハン・ソロ・・・じゃなかった、ジョーンズ博士とのやりとりにワクワクします。演じたカレン・アレンはなんと、実はリー・ストラスバーグ門下のメソッド系統に属する女優さんでした
 
the-apartment-movie.jpg
 
もはやアメコミでもヒーローモノですらないけれど。笑
最後はこの方、「アパートの鍵貸します」からキューブリックさん。
こと、シャーリー・マクレーン で締めたいと思います。
まさに、B級感覚全開(失礼!)! さすがワイルダー! ってかんじ。
いやお美しいですよ、しかしながら、というハナシをずっとしている。つまりキャラの立て方について。
 
 
以上、ヒロイン選定委員会からの報告でした。 つづく
 
 
The_apartment_trailer_1.JPG
 
 
さいごに追記ですが、「アパートの鍵貸します」。
正直この二人が「ミスマッチ」だと思ったのはオレだけではあるまい。
シャーリー・マクレーンのほうが、ジャック・レモンより、リッチだよ
この二人長く続かないと思う。笑
というわけで、ヒーローとヒロインにはバランスもあるが、それはまたの機会に。