読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

2015 暮れの短信

◎「フォースの覚醒」うっすら感想
 
観ました。 しかたなく
というと自分にも抵抗がありますが、まあ、そこまで無邪気でもいられない、という二重思考です。 だってぇエピソード1〜3があまりにも心証が悪すぎるからね。 ポッドレースしか覚えていない。 それに、銀河皇帝(エピソード6の登場人物)&デススター爆破でちゃんと終わってるしね、自分の中で。
 
この感覚はガンダムと一緒。まじで。
もう自分の中で終わっています。 とくに「逆襲のシャア」で名実ともに。
それでも正式にナンバリングされるとお祭りになり、祭りだから浮かれるが、もう自分の祭りは終わってる。
そんな感じです。 (ちなみに「帝国の逆襲」から映画館の記憶あるよ。初代も家族で行ったらしいが。)
しかしながら、お祭り的な・同窓会的な盛り上がりを否定するわけではないのです。 大いにお願いします
スピルバーグチルドレン、JJ・エイブラムスの仕業なので、品質は保証されています。
脚本はなんと名手ローレンス・カスダンほか。 映画通ばかりが大挙し、転がし方も、CGも、心得ています。
あと、準主役に、三白眼が印象的なオスカー・アイザックがいます。
彼の作品で、コーエン兄弟「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」 があります。 こっちおすすめです。笑
 
inside_llewyn_davis.jpg
 
 
◎新書になってありがたみがへる
 
いま読んでるのが、高橋源一郎「ぼくらの民主主義なんだぜ」 という新書(朝日選書)です。
朝日新聞誌面で月に一度、4年間にわたって高橋氏が担当していた「論壇時評」。
その連載に加筆して出来たのが本書です。
ボクは「論壇時評」毎回とても楽しみにしていたので、このほど買ってみたわけです。
ところがどうでしょう。 読む気がしないのです。
スクラップまでして楽しんでいた高橋版「論壇時評」なんですが、新書になって読み出すと急にだめ。 ピンとこない。 もっと言うと、ページめくっててあんまおもしろくない・・・
本という体裁になったとたん、そうなるわけですから、新聞というメディアも捨てたものではない。 あまりに勝手ではありつつも、そう思った新書版でした。(まだぜんぶ読んでないけど)
なんなんだろうね?
 
bokuranominshu.jpg
 
 
◎スモークを長年ぶりに観る
 
映画「スモーク」、途端に観たくなりました
で、観ました。 とてもよかった。 とてもよかったんだけど、正直に言えば、
 
「ちょっと荒いなぁ……」 (まあこれはこれでいいわけか)
 
と思ったわけです。 年月を経たリファレンスはこれだから大切です。
つぎに思ったのが
 
「しかし骨にくるわ、これ」
 
ということね。
オーギー・レンの「ゾーン」に刻一刻とまさに近づいている感バリバリですよ。
前回観たのがいつだったか忘れたが、はるかに骨身に染みました。
しかし部屋でスモークをDVDで観ながらも、タバコを吸わないというのは奇跡ですね。
ちょっと吸いたくなったけどね。 しかし今年はこれに尽きるなあ。 禁 煙 。
 
smoke_movie.jpg
以上、暮れの短信3連発でした