わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

「ダライ・ラマ14世」を観た

豊潤で、とても良い映画を見た。
それが、ドキュメンタリー「ダライ・ラマ14世」(2014)だ。
渋谷ユーロスペースにて。
 
352248_001.jpg
(C) Buenos film / Taikan USUI (C) Buenos film
ちょっとこれは長くなるので、 【続き】 をどうぞ!
 
 
政治面で語られることの多いチベットチベット仏教の宗主ダライ・ラマ
(以下、全文敬称略)
中国との関係などその政治的な玄関をどうしても経由しつつも、そこに深入りしない。
作り手たちは、そこじゃないと注意深く迂回する、しかし一点のみ、政治的な疑問符をのぞいて。
 
 
(中国にたいする)苦渋の決断として現実的な譲歩をしてまで
 ダライ・ラマが守りたかったモノはいったいなんなのか?
 
 
この問いで、この映画は本格的に幕をあける、と言っていい。
そして幕があいたとたん、観客であるボクは涙することになる。
それは日本に出稼ぎにきているチベットの若い女性たちと、ダライ・ラマの交流で。
 
352248_009.jpg
 
 
「どんなに辛いことがあっても、自分を卑下してはいけない。
 誇りをわすれず、頑張るんだ」
 
 
これらの励ましが、彼らにしかわからない「言語」(おそらくチベット語)でダライ・ラマから語られる。この励ましにおいて、信心深い彼らはいよいよ泣き崩れ決壊する。
異国の地の彼らにとってそれが、どれだけ「ありがたい」言葉だろうか?
どれだけ救われるだろうか?
その光景(の字幕)をみて、グッとこない方がおかしいし、ここにこの映画の本質・ヘソがある。
 
つまり私たちは何人であろうと、言語であり、アイデンティティ なのだ。
語弊を恐れずに言えば「迫害」「難民」「マイノリティ」であることもまた、ひとつの「旅」だ。
そして、その旅は全世界共通の問題なのだ。 だって考えてもみて欲しい。
もし日本がなくなって、日本民族がちりちりバラバラに漂流したとしたら? 自分を律するものはなんだ? そこで、アイデンティティーを守るものは、文化と言語でしかないだろう。 日本語であり日本文化だろう。
それはユダヤでも、パレスチナでも、チベットでも、アメリカでも、どこでも変わらない、と気付けるはずだ。 ひとたび難民あるいは迫害を受ける身となれば、どこでも変わらない。 ここにこの映画のリアルがある。
皮肉にも、チベット人たちも失い自分たちに気付いた。それはダライ・ラマ本人が語っている。また「言語」ゆえの閉塞感も、同時に看破している点があまりにも見事だ。
 
 
◎質問と解答、問答
これは「言語」についての映画。 だから「言語化」という作業にこだわっている。
この映画は、ダライ・ラマに訊きたい日本人の質問を発表している。 彼はどう答える(言語化する)か?
が、これは質問自体が答えのようにも写る構造になっているのだ。
なぜなら、「質問」そのものに、そのヒトの個性、ひいてはその国のリテラシーが嫌でもでてしまうからだ。
 
 
なぜ、勉強するのか?
 
 
この問いへの回答(言語化)が、日本人はおそろしく幼稚なのだが、それは映画をみて確認して欲しい。同様に、ダライ・ラマへの質問も、(制作者たちは注意深く)日本人の特徴をあぶりだす。
それは自分「外」に答えを求める「中華思想」そのままに思い、民族的な持病を写す。
もちろん、的を射るような普遍的で切実な質問も多い。 記憶が確かなら(たぶんあれは)故・川村カオリも生前の質問者としてこの映画に登場する。 その問答が残酷にして、美しい。
 
対比するように衝撃的だったのが、チベット寺院での手を打ちながら問う、「問答」という修行。 「一つの問題を、どれだけ細分化できるか(ッパン)」などと手を打ち、向かい合う修行僧が答えたりする。
なんてレベルの高さだ、と思った。そしてその光景は単純に、羨ましすぎた。いいなぁ
くりかえすが「質問」、それ自体に智惠と生き方があらわれるのだ。
 
 
チベット仏教の真髄
ダライ・ラマが守るもの。
それは言語と、もう一つがチベット仏教それ自体だ、とボクは感じた。
この映画はボクのようなまったくその中身を知らなかった者にも、チベット仏教を教えてくれる。そして、そのステートメントを体感するのに、ダライ・ラマのこのひと言で充分な気もしてくるのだ。
 
 
何のために仏教を学ぶかが大切であり
仏教を知らない仏教徒であってはならない
 
 
魔法ではない。 般若心経を唱えるだけではダメだ。
その意味を知らなければ、とダライ・ラマは言う。
これほどクリティカルな批評をしらないし、チベットの奥地で守られるチベット密教の本質がここにある。その心臓部であり最深部、ラダック。
この映画のクライマックスはラダックでの巡礼だ。 この美しさは表現できない。
 
352248_012.jpg
 
◎プライベートフィルムとして
この映画の感想が長くなるのも無理はなく、何を書いても足りず、書けば書くほど芯をまるで喰わない。実に多くの要素がこの映画にはある。
もう一つ、感想が長くなる要因がある。
それは企画者であり撮影をしたのが、級友の薄井一議だからだ。
彼とは中学・高校の同窓。 で、ランチをともにしてた仲だもの。
 
この映画のモノローグは、彼・ウスイの視点で語られている。
その語りは、(別に級友であることを差し引いても、)距離感として正しく思う。
また、これはきわめてプライベートなロードムービーだ。
級友として、だからなのだろうと思う。 よりナマに感じてしまった、二つの「音」があった。その音とは、カメラを持つ者の息づかいだ。 それは、この旅を目撃し歩ききった者の息づかいだった。
 
ダライ・ラマとのファーストコンタクトでの、大きくつづく鼻息。
そして、ラダックでのうめき声。 それらを、ボクは忘れることが出来ないだろう。
 
 
 
最後に。 これはロードショーで見て欲しい作品だと思った。
関東のヒトは、渋谷ユーロスペースがいい。 なぜなら映画を見終わった後、パーンと渋谷の街に出されるから。 それこそ「無常」を感じるに最良だ。