読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

結局、クオリアなんだよな

クオリア ・・・・・・ 主観的意識体験。 観測できない現象的意識。
 
赤色を観て、
 
A「これって、赤だよね?」 B「うん、赤い」
A「いやいや、わかってる? ホント、赤いよな!」 B「うん、ホント、赤い!」
A「いや、だからよ、赤いって!!!」 B「おう! 赤いな!」
 
たぶん、残念なことに同じ「赤」を観ても、その「感動」はヒトぞれぞれ違う。
で、もっと大事な認識は、「感動」すらしなくてもやりとりは成り立つ、ということなのだ。AがBより感動している、とはまったくもって言えないし、むしろ、あやしい。
「オレはょ、感動した!」 と、感動せずにヒトは言うことが出来る。自動的に、言うこともできる。もっとフェイキーに、「もうだめだ、だって感動しないもん」と無感動に、言うこともできる。
 
これらはすべて、自分のクオリアを通していない、ということだ。
クオリアがすべてである。
 
クオリアを通さないアート、
プロダクト、日常会話、日常態度……、その全部は味気なく、つまらんものだ。
クオリアを通しているからこそ、つまらない! それもあるだろう。
クオリア通して、その程度かい!!、と。
どの程度を決めるのも、また脳にインプットされた意識だが。
 
 
「ママ! 見て! 赤いよ!」 「んーそうねー あかーいねー」
 
 
成長するという事は、クオリアを通す回数が減っていく、ことをさすんだろう。
しかし、そうなるとこんどヒトは、意識的にクオリアを求めだす。まだ触れてない体験、あるいは、自分の意識にもっともフィットする行為を探求するわけだ。
あるいは、クオリアを拒絶しだす。 どちらにしても、意識的にその「ありか」に気付かなければいけない。
 
通したか通してないか気付いていない、自動的で無批判な行為がボクは大キライだ。
役者を見ていても、「ちゃんとクオリア通せや」と思う。
たとえばシゴトで自動的な企画を求められても。
自分が面白がれる、否、もしかしたらクオリアが動くかもしれない企画、しか書きたくないよ。 で、このブログだって、できるだけ意識と近いところで、書きたい。
ぜんぶ、ホントのぜんぶとはちがうけど、ぜんぶそんなカンジだよ。
 
クオリアが求められている。
で、クオリアとは「質」なのだ。
 
いや、クオリアが質をうむのだ。
クオリアの数だけ「質」に近づけるのだ。
今日電車の中で無感動(のように見える)にスマホを眺める子供と母を見て、思った。