読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

DAY10 ドーパミンパニック

日々のこと
DAY2あたりから、「ん?」と思い、DAY4には意識的に気付いていたこと。
それは、無髄運動。 自律神経系の「筋の萎縮」だ。
 
 
つまり、けっこうヘビーな話である。
 
 
体がダルイ、を通り越し、筋肉が緊張している。それも硬直するかんじ。
むろん、軽度だ。 軽いが、確実に、筋の萎縮を認めてる自分。
これが、禁煙後発生したことにボクは気付いていた。
 
 
 
 
  いや、これってシャレにならん!
  うそだ、たぶん気のせいだろう
 
 
 
 
と不穏な影を追うように、ネットをググってみた。
「禁煙 筋萎縮」 あたりで。
 
 
すると、あるんだよ。相関関係が。
 
 
この病気は、喫煙が進行遅延に有効であることが認められている。
それに、アルツハイマー
喫煙が痴呆の進行遅延に有効である、「可能性」は否定できないらしい。
むろんこれらは諸説あるし、逆を言う人々もいる。 が、オレは「ありえる」と看るよ
このダブルで超現代的な病、パーキンソンとアルツハイマーに喫煙の相関関係はあるとオレは思う(まったくうれしくないんだけど。)
 
 
 
 
犯人はドーパミンである
 
 
 
 
調べると、喫煙は(とくに一本目)、脳内にドーパミンを発生させる。
これがニコチンの主作用である。
ドーパミンは「興奮」を司る伝達ニューロン。 脳は興奮しろ! と体内に伝える。
一日20回、それも20年そんな指令を出していたわけなのだ。
その信号が、パタッとなくなる。 パタッと、なくなったわけだ。
体内(脳内)がパニックを起こしたとして、何の不思議もない。そのパニックが、軽度な筋萎縮として、出ているのではないか? (まったくうれしくないんだけど!
 
なんとなくわかるじゃないか。
アルツハイマー(痴呆)は、「興奮」の欠如がひとつの原因かもしれない。
つまり、人生でなんの興味もなくす(=興奮しなくなる)と、ボケだしそうじゃないか
パーキンソン病。 これも現代の「興奮」と「無興奮」の狭間で起こっていることではないだろうか?
現にパーキンソン病は、神経細胞の中でドーパミンのみが死ぬ病気らしい。(参考
 
 
 
ど、ドーパミン、超大切、マストすぎる
 
 
 
今度は「ドーパミン」について調べ出すわけですよ
人間は興奮しなければ、病気になる。 興奮しすぎても、病気になる! 苦笑
 
 
 
ニクをかっ喰らおう!
日々、ときめこう!
ちゃんとした生活を送ろう!
 
 
 
結局、そんなことでしかないが。
ニクをにくにくしく食べて、日々ときめいて、ちゃんと寝る! よし!
なお、このドーパミンパニックを告白したのは、症状が軽くなってきたからだ。
本気でパーキンソン病になったか・・・と思っていたからね。。。(大げさかなぁ)
どんどん軽くなってきて安心したので、書く気になった。 それを最後に記しておく。
 
 
 
追伸: よく「禁煙後太る」、とあるが、オレの推理だとそれはドーパミンの話だ。
    けっしておいしくなるのではなく、興奮が「足りなくなる」ので、食で補おう
    とするのだ