わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

2014年宇宙のNASA

ネットだけでも、世界の通信社の情報を手に入れることは楽しい。
ありがたく日本語版が、あったりするから。
そんななかで、「ロシアの声」や「イランラジオ」がたのしい。
 
 
いい加減な記事もありそうだが(二つとも国営)、欧米の論調に浸かっているとまた、違った面白みがある。まずもってイランは西暦を使わない。 ムッハラム月って1月のことだったりする。それだけで新鮮だ。
ロシアの声は東スポライクなアメリカ批判があって、そこも魅力の一つ。
たとえば
 
 
こういうのは紋切り型が特徴だが(笑)、「さあ、あとは自分で調べてね」って具合の投げ方をVORはする。 今日はこの話。
 
MTIyODA4OTg3NTgxMjUyMTk4_0-624x351.jpg
 
2012年8月に火星に到着したNASA、CURIOSITY(探査Rover)。
当時話題になったしボクもわくわくしたが、そのあとスコーンと盛り上がりがなくなった(気がする)。
で、ロシアの声で久しぶりにCURIOSITYの、それも「ん?」な記事をみつけ、当然のようにネット徘徊。ざっと見た限り、「そっち」系ではこのブログがわかりやすくダイジェストだった。
 
 
あり得るよなぁ・・・。 3つ可能性がある。(オレの中で)
 
 
①火星に到着してない。CURIOSITYは地球のどこかを徘徊している
②たしかに火星には行ったし今も活躍中。 しかしその公開映像に虚実あり、秘匿している
③たしかに火星には行った(落ちた)。 しかし到着時死亡だった。DOA(Dead On Arrival)
 
 
②③は置いておき、①の場合だったとして考えてみよう。
たとえ、どこか砂漠をCURIOくんが転々としていても、喧伝・予算確保以外のメリットは大いにあるのだ。 なぜなら、地球も広いからだ。
きっと砂漠の有人調査はえらく、えらくタイヘンだ。油田なんて掘り当てた日には、「でかしたぞ、CURIOくん!」となる。 ①でも実用的ではなかろうか。
さあ、真相やいかに?
 
 
apollo04.jpg
 
で、「こっち」系。NASA陰謀論の話にうつります。
どうしてもアポロ計画の話になってしまうが、ここでは書いてないので少し書きます。
(ちなみに上図。 空気がない中なぜ旗がたなびくのか?は疑惑としてあまりに有名)
ボクが初めて「ん?」と思ったのは、アポロ17号のこの映像だった。
 

端折って、3分ごろの月面を飛び立つ瞬間を見て欲しい。
・・・。 ・・・どお? 見た?
 
 
ってこれ、パンしてんでしょ!
それも、ズームバックしてんじゃん!!
で、このカメラは(いまでも)月にあんの!?
 
 
な、なんだぁ!?と思ったのがきっかけ。
もう一つ、NASAからのフッテージがあるので念のため紹介する。
これはケツの数分だけみてほしい

たしかに、遠隔操作の無人カメラなんだろうよ。
このフッテージではなーんか恣意的に、それを物語る。
しかしいずれにせよ、月への無線はタイムラグも寸分狂いないのだろう。
で、秒速ナンMBの映像中継も完璧なのだろう。
当時72年だが、そうなのだ、ウルテクでいったのだ。 OK。 そうであれ本番、
 
 
ズームバックはねえだろ!
それもパンがやたらキレイなんだけど?
 
 
人類は月にいったのか?
とにかくそれらは1969年のアポロ11号から、1972年アポロ17号まで。
そのわずか4年の出来事だった。
それ以来、人類は一人たりとも月に到着してはいない

 

 

capricrndvd1.JPG
 
おすすめイギリス映画「カプリコン1」(1977)
カプリコーンとは、山羊の化身。つまり、スケープゴート(生け贄)だろう。
気が利いてます
当時こういうムードの映画も多かった。「パララックス・ビュー」もおすすめしたい
 

 
おわりに:
ドアタマに戻って、ロシア国営「ロシアの声」。 最新ニュースにこんなのがあった。
もー。 ちょっとちょっとぉー!
出自のNew York Timesの記事はわからなかったが、おそらくコレがオリジナルか?というのはあった。 サルへの投薬実験をした、という05年の記事を貼って、この回はおしまいです