読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

戦争を知る傑作、二冊

感想・評論
今年の終戦記念日に、何か思うことがあり、本棚から読んでなかった文庫(置き本)を取り出しました。
 
 
伊藤桂一 「兵隊たちの陸軍史」
堀栄三 「大本営参謀の情報戦記」
 
 
2冊とも、当時軍部に所属し、戦争を生き抜いた作家によるノンフィクション。
伊藤氏は陸軍のイチ兵隊として。 そして堀氏は参謀本部の情報部として。
2冊とも、傑作でした。 終戦記念日とのタイムラグはボクの遅読ゆえです。
「兵隊たちの陸軍史」は明治以来の陸軍の歴史と風俗がリアルで、一気に読みました。
大本営参謀の情報戦記」のほうは、小説形式の日記(まさに戦記)であり、遅くなりました。しかしながら2冊とも、傑作なのでした。すこし、感想を書こうと思います。
 
 
Heitaitichi.jpg
「兵隊たちの陸軍史」 伊藤桂一
これは陸軍史であり、兵隊たちの生活史。
陸軍史としては日本のアーミーが、いかに隆盛したのか。 作者は史実を研究し、提示してくれています。 西南戦争からはじまり、当時は何人程度の派兵だったのか。
それが、明治の終わりにはどれほどの規模で、どんな組織になったのか。
日清・日露戦争、またその向こう側へと向かう陸軍の「成長」「拡大」「増殖」が、如実にわかる本でした。 印象としては、本当にビジネスです。
ひとつの企業がどんどん大きくなっていく感覚といったらいいか。 そのモンスター企業が、大日本帝国陸軍、だった。 もちろん、帝国海軍も大差ないのでしょう。
語弊を怖れず言うと、これだけのモンスターが壊れる/壊すには、徹底的にやられるほかない。それが、太平洋戦争の完敗(惨敗)ではなかったか、そう本からボクは読み解きました。
 
8月15日は明治よりつづいた、帝国陸軍の命日なのです。
彼らは最後の帝国軍の兵隊だったのです。
生活史としての本書。 これが、じつに興味深いのです。 兵隊を作る「兵営」での2年間がどういうもので、どんな意味があったのか、具体的に提示されています。
また給料もがっちり明記されています。 大佐と一等兵で、どれだけの格差があるか。
伊藤氏は組織としての陸軍を実体験を含め、明かしています。 まさに題名通り、「兵隊たちの」なのです。
 
組織である以上、上司がいて、ゴマスリと政治があり、の世界。
軍部はトップダウンの極みです。 そのトップダウンの極みを描きつつも、様々な例外もこの本にはあります。
狂った中隊長にお灸を据え、置き物として監視しながら、実権は少尉がにぎったエピソード。 さらには「地獄の黙示録」よろしく、敵の隊長が日本軍将校の可能性があった事件など、盛りだくさんだ。(また未だ問題となる従軍慰安婦についても、資料をもとに現場の情景が作者の視点で描かれています)
そして戦場ほど、運に左右される場所はない。 と断言しています。
 
伊藤氏は、中国戦線の要員として、終戦まで日中戦争に従事しました。
その実体は「ゲリラ戦」だったのだ、とも改めて感じました。 アメリカがベトナムで遭遇したゲリラ戦。そんなゲリラ戦のなかにいたのが、帝国陸軍だった。 つまり、まさに、泥沼です。移動に次ぐ、移動。 食料は各隊現地調達。 地の利を活かした中共軍のゲリラ活動・・・。しかしそんな混沌のなか、現地部落で結婚式の仲人を頼まれた、佐々木少尉の話など本当に泣けてくる。 伊藤氏自身も、終戦の日、世話になった現地の人との交流の瞬間を、書き綴っている。
 
 
私は笑いながら楊(ヤン)に近づき「とうとう日本も敗けましてね」と冗談のように
いいかけるつもりだったが、いざ楊に向けて歩き出すと、笑うどころか、泣きそうな
表情になってくるのが自分でわかり、仕方なくそのまま近づいて、何となく楊に頭を
さげ、それから、「楊さん、日本は敗けました」と、ごくまじめにいった。
 
 
 

 
Jyohosenki.jpg
大本営参謀の情報戦記 ——情報なき国家の悲劇」 堀 栄三
 
ドッグイヤーの嵐。 ページが折れておれて仕方ないです。
昭和17年の年末、陸大を卒業し、18年の秋から参謀本部第二部(情報部)に配属された堀氏の戦記。つまりエリート側から見た戦争であり、同時に、当時の諜報の現場より書かれた本です。
18年の秋といえば、ほぼ、開戦から2年がたとうとしている。
のですが、当時、情報部の米英課は庶務やタイピストをあわせても、なんと、
 
 
40名ほど・・・・・・
 
 
それも「落第者」として堀氏は米英課へ廻されるのでした。(当時花形は「ソ連課」)
いいですか? 当時、日本に人口が7千万くらいいて、アメリカの情報の捜索隊がわずか40名ですよ? その後、当然の結果として米英課は規模が膨らむのだが、どれだけの意識かが如実にわかります。 また、堀氏はこのあと米英課の「切れ者」として活躍していくのですが、おそいよねぇ・・・
(のちに、山下方面軍が彼を起用したことなど、堀氏の実績は間違いありません)
彼の前に彼はおらず、いわば、「新人」が自分の判断と責務で必死に米国の動向を推理していくのです。 むろん作者は上司や同僚への敬意と教えを忘れないが、この軍部の「情報」への意識の低さ/対応の遅さに、まず面食らいます。
 
さらに、あくまで第二部なのです。 参謀本部の花形中の花形が、第一部、作戦課なのでした。で、堀氏いわく、情報部が作戦課の会議にいっしょに参加したためしがない、と言っています。さらに作戦課には奥のおくに枢密院らしき機関があって、固いカーテンが閉じているという。
 
 
 
くそでしょう?
 
 
 
そうなんです。 どれだけ「くそ」なのかを、この本は訥々と描いています。
よく陸軍はだめで海軍はよかった的なイメージが流布しますが、海軍の愚かさもこの本読めばわかります。
駆逐艦5隻、大破! 敵空母1隻、大破! と戦況があがるなか、堀氏は疑います。
いったい、「だれが戦果をみたんだ?」 そして「どう確かめたんだ?」 現地で問い詰めてもどもるばかり。 戦果うたがい多し、注意されたし、と電報をうっても、上層部は握りつぶしてしまうのです。 現地へ赴く19年には、彼がはじめて偵察に「カメラ」を導入するのです。 いいですか、はじめて、ですよ?
 
また萎えるのが、米軍の動向を調べるとどうも6ヶ月でローテーションしている、と気付くくだりです。つまり、エースクラスは6ヶ月おきに登板するのです。 それまでエースはリフレッシュするのだ。当時にかぎらず、甲子園で一人のエースが決勝まで戦う日本に対して、米国はどうか?って話です。 軍服も摩耗期間を3ヶ月と定めて、新品の軍服が供給される米軍の兵隊にたいし、日本の兵隊は一枚の軍服でいってこーい。
それも、食料? 現地で調達しろ!の世界・・・。
堀氏は冷静に、敗戦の要因を分析しています。
 
 
鉄量のちがい
制空権 空軍の不在
情報の(地位の)なさ
 
 
目には目を、であり、敵が30ミリ砲なら、こっちは40ミリ砲でなければならない。
そして制空権。 大日本帝国には空軍がなく、最悪の要因だったとしています。
時代は「空」が舞台となっていた。 どれだけ制空権をおさえるか。(今は宇宙
大東亜とは大義ではいうが、米国によって東アジア全域におびき出されただけだ、と堀氏は分析します。食料や兵力供給を絶てば、いい。 制空権を抑えれば、それだけ供給源を絶てるわけです。
 
で、このことはすでに大正時代に、アメリカの将校が対日本戦レポートを提出しているのです。(本書より)
供給を絶たれたあとは、地獄の南方戦線が待っていました。 それは史実が物語っています。陸軍は、島を陸地と勘違いしたともしています。 ジャングルはジャングルであり、地の利もない。しかし軍部は、往年の成功体験にとにかくしがみついたのです。
 
情報のなさ。 これは内外で。 アメリカは開戦即座に日系人を拘置した、と堀氏は悔しがります。リソースとしての日系人。 スパイにも使える/使われる人材を相手はまず押さえたのです。「情報」にたいする、意識の違い。 それは現代につながる警句でありつづけるでしょう。
 
 
まさに「己を知り、敵を知れば百戦危うからず」。
 
 
しかし、この警句ほどハードなこともそうはないのです。
それは今、現代のあらゆる点でも。 己と、敵を知るには何が必要だろうか?
不必要なことはただ一つ、それは「虚栄心」でしょう。虚栄心を捨てることからはじまる。 冷静な分析ほど、日本人が苦手なことはないように、思えるのです。
 
 
 
高度成長とともに、情報という言葉がこんなにも頻繁に使われ、情報という文字を使えば
人が飛びつくような時代が到来してしまった。
しかしそういう情報は、相手の方から教えたい情報であり、商品として売られるべく氾濫
しているものである。 ところが情報の中には、売りたくない情報、知られては困る情報
も多々ある。(中略) この争いが情報戦とか、最近では諜報戦などと言われている。 
 
 
 
戦後は父の教えに従い、自らの経験と叡智を発表しなかった堀氏でしたが、これからの人たちへとこの本を書いたそうです。 1996年5月が初版。 たしかに当事者の体験記としては遅い部類に入るのでしょう。
その一年前の1995年、6月に82歳で堀氏は亡くなりました。
戦後西ドイツの初代武官時代のエピソードも巻末にあり、その話もしびれます。
 
 
Ito-san.JPG  Eizo_Hori.jpg
伊藤桂一氏 堀栄三氏(左より)
 
 
以上。 すっかり長文になりました
お二方とも、話を戦死した方々から採っていて、言葉をとても選ばれていました。
戦争を知るマスターピース、二冊の感想でした。