読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

自意識と成功体験

「神は細部に宿る」。
もうこの言葉ばかりに最近ぶち当たっていると思う。
 
それはとっても、怖いこととして。 自意識というやつは、細部にあらわれる。
それは「意識」だけでなくそのヒトの背景、知識、知性、考え方、性格などを立ち所に示唆するから。怖すぎます。 (だからこそ、奥深く、愉しいのかもしれません。)
 
ヤッパリマン」というトピックで日本語「やっぱり」「やっぱ」は危険な言葉だと言いました。常用して口癖になると、自分自身をバインドしてしまう危険があるからです。また、自分をまもる言葉です。
 
最近、その持論を開陳する瞬間がありました。 ごくごくプライベートなちょっとした会話の中でした。話している相手が、自分は臆病になってしまう、なんでなんだろうと悩んでいる様子でした。
そこで指摘した時、「たしかに言ってます、ああ!、わかった気がします!」ととても喜んでくれました。その喜んだ姿にボクもうれしくなり、ああ、言ってよかったなぁがんばってほしいなぁ、と思ったのでした。
 
 
で、人のためになったよーん!と嬉しくなってる自分を想うわけです。
 
 
うわ、こわい。 捨てがたいけれど、気をつけねば、と・・・。(だから、自慢としての記事ではありません)これもひとつの、つつましくささやかだけど、「成功体験」になりえるからです。 成功体験ってくり返されることがあります。 そして繰り返すほど、感動は薄れていくものだからです。


OrenoSeries.jpg ※写真はイメージです
 
たとえば。
すべてのレストランの、すべてのメニューには「成功体験」が書かれています。
ランチにはA定食からC定食まであって、それはそのお店の「これ出しゃまちがいない」でしょう。経済活動上、お店のオートメーションを考えれば理にかなっていますが、あくまでたとえ話として。
 
とにかくそれは、店主の「こ、こっ、これがダメなら店たたむ!」という一皿ではないのです。もしそんな一皿があったら、心臓が飛び出るほど、店主も客も、怖いわけですよね。店主も、そんな一皿をだすのなら、お客のコトを考えたくなるかもしれません。
 
ここに千差万別の価値観がでます。
考え方、客をどう想っているかという態度がでます。ここに「値段」という、共通の価値観を客人に要求する店もあるでしょう。(それがフツウか。)
もしかしたら、店主はそうとうロマンチックなマニアで、相手は不問だ、次はいってきた客にだす!なんてヒトもいるかもしれません。 ここに、どう拒絶したいか、というヒトそれぞれのプリセットがある。
そして自分以外の他人を、ひいては世界を、どう捉えているかも出ると思うのです。
 


店主 「いらっしゃい」
 
 

成功体験(定番メニュー)にたよるというのは、とりあえず間違いないから喰っとけってことです。上意下達でありながら店主・客双方にとっては、安住の地です。
誰も傷つかない。 しかしながら「うめー!」はあっても込み入った感動もないかもしれない。少なくとも、客人を看ての味付けはなさそうです。 経済の論理をだすと、さらに難しいものとなります。
そうかと言ってひたすら「俺の一皿」にこだわっても、そこに座る客を、見ようとしないことになります。それは冒頭で言った、自意識にすぐくっつくからです。 「俺の一皿」は強烈なエゴとファンが必要です。捨てがたいですが即興性と許容度に貧しく、「おうおぅ!この味がわからねえのかい」に転じます。
しかし本当の、「これがダメなら店たたむ!」一皿には相手がどうしても要る。
長い、地道な研究も。 たんなる「俺の」一皿とはちがうのです。(だからメニューにないわけですが。)
 


店主 「いらっしゃい (ところでお客さん、いま、どんな気分?)」
 
 
 
店主のひとことにも、メニューにも、その紙の材質にも、店構えにも、雰囲気にも、細部に神は宿る。如才ない(きのきいてる)お店に入ると嬉しいものです。きまってそんな店はなに頼んでもおいしい。たいして、用意のない店や、わかってない店、高飛車な店は一刻も早く出たいと感じるものです。
 
 
むろんお店とは、あなたのことであり、ボクのことです。
これはコミュニケーションの話です。
 
 
なぜこの話をしたかというと、「相手」がどれほど大事か、あらためて最近強くおもうからです。それはどっちが客で店かではなく、双方が看板背負いつつも相手のまえで正直で容れるか、ということ。
また最近、負けないヒトが多すぎるとも思うからです。(←「負けないヒト」の説明はまたの機会に。) A定食と渾身の一皿のあいだの、うわべでも深刻すぎもしない、しっくりくる瞬間がボクは大好きです。



追伸
ひとつのラーメンを作るのに、安岡力也と山崎努は殴り合いのケンカをしました。
ああ・・・。 伊丹十三の「たんぽぽ」が見たくなってきた・・・。