わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

日本代表を考える 2014夏 Pt.2

Kikoku-J.jpg
 
日本終戦も丸2日も経つと、もう、アウト・オブ・デートな感覚がある。
それは即ち「お祭り」ってことなのだろう。ハレならなんだっていいのかもしれない。
露店でやきそば喰って、ナンパして、踊れたらいいよ、と。
次回もよろしくたのむよ!、と。
だってさきほどチームは帰ってきたらしいが、城彰二のように水をかけられることもなく、平和そのもの。・・・と思ったが、さすがに上の写真にドン引きする。 平和ではなく、異常だ。
 

「批判は大会後に。それまでは国民も一丸となってほしい」


とは本田の大会前の言葉。 しかし、このメッセージは巧妙に仕組まれた詭弁のようだ。
日本人の多くが終戦の「涙」で水に流せてしまうのだ。 それに終われば解散しかなく、結果が上の写真だ。フー・・・。 というわけで、コロンビア戦と今回の日本代表!
 


◎前半はキリンチャレンジ
岡崎が一点を返して大いに盛り上がったコロンビア戦前半。
日本代表を観ていて久しぶりに楽しかった。
しかし、コロンビアはスタメン8枚落としの、Bチームである。
あれだけスタメン落とせば連携も悪い。 客観的に言えば、そんな相手にようやく一点もぎ取り、ギャーギャー湧いた、ということになる。哀しいが、この認識は重要だ。
前半はキリンチャレンジカップ同等なのである。 それをブラジルで開催したに過ぎない。
 
 

◎ハーフタイムのオートマ車
日本はオートマ車だ。こんなことを今は思う。
ペケルマン監督率いるコロンビアは明らかにギアを上げたし、上げられた。
(せいぜい2・3速だったが。)
ハメス・ロドリゲス個人を挙げて「すげーね!」と言うのは簡単だ。しかし実際はそう簡単ではない。
いかにハーフタイムでギア(戦略)を上げられるか。この監督のスキルは難しく指摘できないだけ。
 
 
ハーフタイムの使い方。 ここに監督の腕はでまくる。
出方を観た上で監督が唯一、全選手と接触できるのがハーフタイムなのだから。(当然?いやいや)

対する、ハーフタイム明けの日本はオートマ車の「D」モードのようだった。
「このままいけばアト2点くらいいくんじゃね?」
という「ノリ」のみの気楽さですーっと入った。結果は、ご存じの通りだ。
なんとなく後半に入った日本は、すぐ何もできなくなった。
ボクが言いたいのは、オートマ車はラクだ、ということなのだ。
 
しかしそれではレースには勝てない、ということだ。 緩急(かんきゅう)はなく、燃費も悪い。落とすときはおとす。 行くときはあげる。 そのペースのコントロール。 そんな当たり前なことをアジアでは出来ても、世界相手にはできない。ここに圧倒的な経験と実力の差を感じる。もっと言うと敵との「対話力」「適応力」の差を感じる。
 
それにオートマというのは機械任せの「受動態」であって、マニュアル車は動かす「意志」である。そんなアナロジーをコロンビア戦に感じる。
で、オレの免許もAT限定、ということも最後に告白する(?)。
日本全体が抱える「オートマ気質のマインド」ってある気がするが、どうだろうか。
日本代表とは、日本の代表。 大衆の気質を写す鏡だという側面がある。
 

 
オレは「祭り」があるとすれば、踊らせるほうに回りたい。
だから実行委員会側として祭りを振り返る。
今回の3試合は全ての試合に強烈なメッセージがある。 おもしろいくらいに。
 
 
コートジボワール戦 最高峰世界大会の入り方 フィジカル 恐慌パニック
ギリシャ戦     全方位の知性・技術の足りなさ 詰めの甘さ
コロンビア戦    親善だと同点も可能 監督の手腕 後半の圧倒的実力差
 
 
以上をもって、FIFAランキングはある程度以上、正しいことがよくわかる。
日本、47位。 はい。ありがとう。 全部、全然たらなかったねー。 ありがとー。
 
ZacZico.jpg ●貴重なツーショット
 
この3戦の符号性は2006年ジーコジャパンと丸かぶりする。
が、こうして冷静でいられるのは、身体に抗体ができている証拠でもある。
あーあ。またやったな」 こう認識できるだけデカい。 こんな積み重ねが「経験」という言葉の正体だ。そういう意味では確実に強くなっている。(抗体が。うれしくねー)
足らない所を上げていくほか、ない。
ちなみに今大会の台風の目となったコスタリカ代表は、FIFAランキング、26位。日本より上ですよ。
 
で、イチバンの問題は、どうしたら上げていけるか? である。フィジカルはもう、上げていくしかない。 腹筋はちゃんと六つに割って、ケツ筋ボーン!だ。(←後述)
でも、大会の入り方や、ピヨリ癖は一筋縄でいかない。
「日本人」という性格と密接につながっている。
 

 
◎「日本らしさ」というスパイラル
もうとうぶん「日本らしさ」とか「自分たちらしさ」とか、聞きたくない!
こう漏らすサッカーファンはボクの身の回りでも、とても多い。
それくらい掲げたサッカーの要素を見ることがなく、がっかりさせられた。
ピッチの外は、自己啓発セミナーか、経済アナリストの詭弁のようだった。
 
よく言われていて、また延々と言われ続けていることは、マスメディアの「祭」のもっていき方だ。彼らが持ち上げすぎている、と。 虚像としての日本代表にはうんざり、という論調のことだ。
しかしもうこれは、彼らが市場原理でモノを考えている以上、見て見ぬフリをする他がないようだ。サッカーがスポーツから興業にシフトして久しく、この時期経済の屋台骨感は年々増すばかりだ。で、それにのっかるSNS的ネットコメントの数々も拾ったらキリがなく、ソリューションでもない。
 
Kikoku-J.jpg ●衝撃的すぎて、もう一度貼る
 
ただ、実行委員側として(笑)進言したいのは、でも
 
 
このままなんとなくいくと、お隣みたくなるぞ?
 
 
ということ。
日本同等に、あるいはそれ以上になんとも言えなかった、今回の韓国代表
お隣韓国のしぼみ具合が今、ハンパない。彼らだって(どの国にも)、自国のメディアによる虚像があり、つまり日本と地理的にも回路的にも一緒。
でね、あんな風に目立たなくなっていくぞ? という危機感を言っておきたい。
スタジアムに轟く黄色い歓声は、それくらい実力がともなわず、痛かった。 ああなっちゃうぞ? 観る側も、世界とのキョリを計るのはかくも大事なのだ。
 

 
◎「日本らしさ」というスパイラル Pt2
これからどんなサッカーを掲げるか、は重要だ。
8年周期のサイクルを経験し、この点について、バトル必至だとも思う。
今は日本全体がヒステリー状態なので、ディフェンシブでも勝ちたい、に票は動くがここは思案のし所だ。しかし、それ以上に、本当の選択が日本にはまっている。
とにかく「なにもかも足らなかった」わけで、では——
 
 
 
変わりたいか、どうか?
 
 
 
という選択がまっている。この選択ほど、日本人が苦手な分野はないんじゃないかな。
苦手すぎるから、終戦後、すっかり美談にしたがる層がいるんじゃないかな?
これは、日本病の一つだ。
 
戦略と人材のグローバル化のもと、3大リーグの開催国は予選で大破した。
日本は、グローバル仕様のコートジボワールにフィジカルでも戦略でもまるで歯が立たなかった。どの国も120%で仕上げる最高峰の国際舞台に勝てない。すぐピヨった。
では、イチから変わらなければ、というなか、そもそも果たして、変わりたいのか?
 
 
 
グローバルにいきたいのか?
まずは体格だぞ? そのあと意識改革だぞ?
 
images.jpg ●イイからだすぎるが、敗退していった2選手
 
 
日本選手にもグローバリストは存在する。
中田英寿にはじまり、今は本田長友だ。 彼らはグローバリストとして自分を変えてきた側の人々だ。ちなみに主要リーグに身を置きながら、日本マインドでいるのが、香川岡崎内田という布陣。このグラデーションは本当に興味深い。
またグローバル志向のなか、アジアに属するJリーグはどうなっていくだろうね?
アジア勢は合計12戦闘って、0勝だったのだ
 
さあ、あなたはどっちがいいだろう? 強くなるには変化が必要、と言うのは簡単だ。
で、どう変わりたいか? まずもって変わりたいのか?
ここに千差万別がある。よって「日本らしさ」それこそが虚像であると言えるだろう。
それは移ろいやすく、一枚岩でもない
ゆくゆく23名の全てが海外勢でそれも全員マッチョだったら「日本らしさ」はどう説明されるだろう?
 
サッカーとは、本当に社会の縮図であり、代表は現身(うつせみ)なのだ。
 
 
 
そんなこんなで。 じゃあオメーは!? というと。
オレのステートメントは、ピッチに虹をかいてくれよってことだけだ。
それ以外は「対話」で決まる、としか言えない。