わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

日本代表を考える 2014夏

さて。どっから話せばいいか途方に暮れる、W杯日本代表2014モデル。
夏コレクション。リミテッド。
 
2戦を終えて、残すは(おっと。)最終戦のみ。
日本が置かれている状況は、みなさんご存じの通り。今回はそんな日本代表への感想と、今大会のセンセーションを以下、徒然なるままに書きます。
 
BN-DG302_0615jw_H_20140614231510.jpg

今大会の日本を一言で表せ、と問われれば。
オレは、「ショボい。」という言葉を贈りたい。

W杯とは自国のパーツを磨き上げ、スーパーカーを作り、それをお披露目する場である。
 
 
「いっせーのーせ!」
 
 
初戦の楽しみは、そこにある。なにも日本代表に関係なく、サッカーファンとしてたまらない。
そんな白眉が、オランダが組み上げたスーパーカーだった。スペインをこなごなに粉砕したのだ。
この話はあとにして、日本のスーパーカーのハナシだ。
 
 
 
「いっせーのーせ!」




(日本のスーパーカー! バーンと登場!!)





「しょ・・・ショボい・・・・・・。」
 
 



 
これが日本のスーパーカーか・・・。
よつに組んで初めてわかることはある。
組んでみて相手のエンジンが半端なかったのもわかる。しかしだ。
ハテナ?印が脳裏をよぎる。
 
 
 
Q. だからこそアジリティー(敏捷性)サッカーを標榜してたんじゃなかったっけ?
Q. コートジボワールのヒップに「臆さない」ように「走り勝つ」んじゃなかったっけ?
 
 
 
ぐんぐん下がっていくDFライン。
本田のフロックゴールがいつかまくられることは目に見えていた。
全盛期を超えるドログバだが、しかしそのエンジンはまるで違い、日本を完全に「むかし」に戻した。
注目していたオーリエは残念ながら逸材で、左サイドは激戦ではなく、相手の殲滅作戦の場となった。
 

 
 
パスサッカー? なんですかそれ?


ええ、ぼくらは持ち場でせいいっぱいですけどそれがなにか?
 
 
 


指揮官以下、完全に恐慌状態に陥り、むかしに戻った日本。
そんな姿をだれが見たかっただろうね。オレが言わずとも明らかだったのは、スタイルが消えたこと。
超攻撃サッカーはどこへ行った?


 
初戦の結果にかかわらず、ギリシャには勝てるだろうと踏んでいた。
だからまあ半分は、想定内と言える。 登場したギリシャの出来もパッとせず、ここはさすがにいくだろう、と。パッとしない者同士の対決だ。 どっちがパッとするか! 日本でしょう、と。
この2戦目が日本の真価を問うことは、誰の目にも明らかだった。そして、日本代表は2戦目に臨む!



 
 
ショボい・・・。ショボ過ぎる・・・。
 
 
 


大会屈指の退屈な試合だったことは間違いない。結果は0−0の引き分け。
パスサッカーが復活したように見えた。しかしそれは、そう見せかけて90分浪費しただけだった。
まるで仕組みを知らず公式を当てはめるだけの、数学の授業のようだった。
ザ・オートメーション。有機的連動とはほど遠く、パスのタイミングはいちいち遅い。うえに、味方のキョリも遠い。10人になったギリシャ相手に長友は、クロスボールをバカみたいに上げていた。
そう。 本当に、バカみたいに。
だって、平均身長を7センチも上回る相手に、ひたすらセンターリング。



長友くん。チミはバカなの?
バカなんですか?



 
グランダーで意地悪なボールにせえよ。 なんだそれは?
それにこれって、ずいぶん古風なサッカーだ。 ちょっと思い出して?
単純なクロスボールに頼らないように「崩すチーム」を作ってなかったっけ?
上げたってだれもいないぞ? ハーフナーは連れてきてないんだからな。
皆さんもこの試合をよく思いだしてほしい。
ゴールがにおったのは大久保がふかした、あの場面だけ。他は何もなかったよ。
初戦が犯罪的な出來だった香川は途中から出場し、これまたなにもしなかった。飽くまでかたくななまでに、パッとしない日本。

 
 
◎開幕戦に日本の運命が…
どうしてこうなったのか?

コロンビア戦もあるので全てが終わってから、ゆっくり考えたい。
が、今思うのは、日本の運命は開幕戦にすでに表れていた、ということ。
開幕戦。 ブラジルークロアチアで主審をつとめた西村雄一さんのことだ。
実はすでに、ここにすべてが出ている。 まるで予言のように。
 
 
FIFAの、丸投げ感(だれが開幕戦の主審なんてやりたがるだろう?)は置いておこう。
「日本サッカーを評価」していたはずだから、日本人に主審を任せたのだ、とオレは推察する。
コンフェデ杯やベルギー、オランダ戦でみせた日本の姿は、それだけ心証のよさがあったと、踏める。だからこその西村主審抜擢だったはずだ。 これは文字通りの快挙だった。オレも喜んだよ。
 
 
しかし、彼はやってしまった。
 
 
いくら8割がた試合をコントロールしていても彼は、やってしまったのだ。
そのジャッジがどうだったかは問わない。
問題は、キワキワの肉弾戦、瞬時の判断スピードと、国際舞台への想定の甘さだ。
とにかく彼のあの笛は、国際舞台で議論の的となり、今もなっている。
もう一度言う。
 
・肉弾戦のキワ
・瞬時のスピード
・国際舞台という「想定の甘さ」(With英語の重要さ
 
それまでの評価をチャラにしてしまうひとつのアクト。
これはそっくり日本代表にあてはまる。 大事なのでくり返すが、

肉弾戦のキワ / 瞬時のスピード / 国際舞台という「想定の甘さ」

この三点で、全く足りなかったのは審判だけではない。選手たちも足りなかったのだ
そしてそれまでの実力もこの2試合で全てをチャラにしてしまったのだ、日本代表は。
ちなみに次に西村さんが登場するのは、エクアドルホンジュラス戦の、第4審判だった。
 
 

◎チミたちはビジネスマンなの?
日本のキープレイヤーは、間違いなく本田や長友など海外チーム選手である。
それはピッチの外でも。ここに、何とも言えない、日本の闇を、オレは感じる。
 
 
試合前「自分たちのサッカーをすれば勝てるんで」
 → 試合後「結果が出なかったのは残念ですけど」

試合前「逆境を僕たちは超えてきたんで」
 → 試合後「結果が出なかったのは残念ですけど」

試合前「もうあとがないんで勝つことしか考えず」

試合前「奇跡は信じる者に来ると思うんで」

試合前「もう連携とかじゃなく自分がどれだけやれるか」



 ・・・・・・。


 
いい加減にしろお前ら!
たちの悪いアナリストにしか見えねえ!
 
 


あるいはなんかもう、気味の悪い自己啓発セミナーに迷い込んだかのようだよ。
OK。 いいよ。君たちはビジネスマンとしてはいいだろうよ。若くして、イイ人材なんだろうよ。
しかしな、オレはそんなビジネスマインドを見るためにW杯に立ち会ってるわけじゃないんだよ。
 
ボスニアの歴史的初ゴール。
Vペルシーのボリショイ大サーカスやケーヒルの自己最高ゴール。
獲られても2点返すガッツ。W杯の魔物。
監督と選手たちがコツコツ仕上げたスーパーカーが見たいの。
 
それにだ。
スペインだってイングランドだって、敗者の弁は謝罪だったし、ちゃんと痛いものだ。
日本メディアはそこでも終わってて


アナウンサー 「調子の出ない原因は?」
専門家回答  「体調問題とブラジル特有の気候がですね…」


アホすぎる。 ぜったい彼らは、痛がらない。 そこがもう本当に痛い。
へたなプロレス見せられてるみたいだよ。 終わっている。 きわめておわってる。
こんな痛さしか感じない。下記参照だ。



「いや大丈夫、最後ターキーだすよ」@ボウリングの終盤

「最後、これは国士(こくし)でまくるか……」@麻雀の終盤



まるで中学生マインドだ、メディアの風潮は。(強がりがかわいい分、チュー坊の方は全然いい!笑)
今回2戦とも、朝っぱらからHUBに初めて出向いて観た。
こういったパブリックビューの良さは、すぐわかった。 終わった時のザンネン感がふつうに和らぐ。
こういうタチの悪さは、一人で観るにはつらすぎるからだ。
ただ2006年ドイツのときや、北京五輪のときのような「焼け野原」な感覚も、もはやない。コロンビア戦はいっさい期待していないが、まあ見届けるだろう。
世界的な動向(とくにイングランドとスペイン)も書こうと思ったけど、またこんど!