わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

拉麺元カノ論序説

 
お、お!
 
ワタシは落雷のごとく天啓をうけた。
 
 
ラーメンという行為が、宿命的なアポリア(哲学的難題)であることを・・・。
こういう状況はないだろうか。
無性にラーメンが食べたい。
それもコッテコテの家系「●●家」のラーメンが麺カタでたべたい!!、という時が。
 
最後に食してから半年は経つであろうか・・。
彼は喜び勇んで店へと向かうだろう。
そうしてラーメンをかっ喰らい、ふとスープをすすりながら、こう気づくのだ。
 
 
 
「・・・。かわりばえなか
・・・前来たのとおんなじ味ずら・・・」
 
 
 
彼は食べたかった。
食べたかったはずなのに、むなしい。前来た時と同じ味に、本来喜ぶべきところで、どこかむなしい。
ワタシはこの現象を《ラーメン元カノシンドロームと名付けた。
彼のココロはそのラーメンを、それ以上に美化しているのだ。まるで別れた異性を美化するように。
彼はついにその再会を果たす。
そしてこう思うのだ、「同じだ」と。なぜ別れたのかを痛感したのだ。
 
 
ラーメンとはバイオレンスである。
彼に現実の脂量をつきつけ、真実を問う。
 
 
 
お、お! ラーメン家から放たれる男たちを、見てみるがいい!
 
なんと慇懃(いんぎん)に祈るような表情を帯びたことか!
その背広の若者も、鼠色の大男も。
これでよかったのだ、これで明日も働ける…。
男たちのその深く哀しき祈りが、今日も背脂を浄化する。
 
 
 
 
なお、無性に生クリームが彼を呼んでいて、クレープを買うも3クチで充分、という派生的命題もある。この、「ホイップシンドローム:いまなお続く悲劇の連鎖」はまたの機会に。
 
 
訳者注: (1)「彼」とは a man である。 ワタシではない。 Who am I?