読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

絵画を掘ろう!

前回、前々回と音楽のメタファーについてつっつきました。
これが意外とプライベートな反応が好評で(笑)、今日は絵画におけるひとつの見方を書きます。


もちろんこれは愛好家や専門家には常識でしょうが、意外と浸透していないように思うので。
それに欧米の、アートと接するフツーの人々にとっても当たり前の態度なのですが。
——それは、


どうして自分はこの絵がイイ(魅力的だ)と思ったのか?



という解析 についてです。 解析って書くとかまえますか?
いやいや。 ホント軽ーい話です。
「この絵、いいね!」と誰しもが言えますし、そう感じることができます。
しかし、どうしていいと思ったのか? という疑問を立てると、アートにおける洞察力がつくと思います。 自分が良さを感じてる要因はなにか? 色かも知れない。 構図かも知れない。 フォルムかもしれない。 そのタッチかもしれない。 では一つだけ選べるとしたら、その画のどこか? いいね!と思わせる箇所はどこか? と。

単なる「いいね!」で次の展示に進むんではなく、少しだけしぶとく観察してみる。
そうすると、とんでもない発見(←当人比)に出くわす幸運だってあったりします。
これはなにも絵画でなくてもいい。音楽でも映画でも。「自分はどうしてキライか?」でもいい。
それに別に先生を必要としない話です。模範解答なんて全くなく、自分だけの手応えの世界です。

たとえば絵画は当然ながら、一枚絵です。 その一枚絵のなかにしか、答えはないのです。
「この絵はセンスがいい」「感受性が高い」とか、そういう感覚も、全てその一枚絵のなかにある。
だから「どうしてイイか」も自分対そのアートのタイマンのなかにしかないのです。
(書くと、とても当たり前のことなんですけどね。)
一応念押しに書くと「どうしていいか?」の「どうして」はなにも権威的なことでもありません。
著名な誰々さんが推してたからいいわけでも、有名な画家の作品だからいいわけでもないですよね。 ペダンチックな博識も、一切必要ありません。 逆に邪魔になるとおもいます。

もっとも、有名な作品はそれだけ多くの人が見る。だからこそ、自分の中の基準が必要だとも言えます。 たとえばこの絵。 ボクはパッと見た時、いいなーと思いました。
ピカソ画伯のムーランガレ(1900)。

Pablo Picasso Moulin Galette1900.jpg

どうですか? 素敵な絵だと思いませんか?
参考に、ここでのボクが辿った解析を書きます。




で、そのあと、「で、いったい、なんでいいんだろう?」 と観察しました。
できれば「色合い」や「雰囲気」という言葉は最終段階までとっておきましょう。
その前に、しぶとく、です。 すると、ココに気付くことが出来ました。

Part of Moulin Galette.png  ← 誰かさんの後頭部

おおー。 こんなところに後頭部がある!
そっかそっかぁ。 左端の女性はこの人と愉しそうなんだね。この絵にはそんな箇所がある!
しかしここで二つの疑問が自分の中にでました。見た最初のことを思い出しましょう。

  1. 左端の女性に、オレ、気付いてたか?
  2. この後頭部の発見は、オレの中の「イイ」の完全な理由か?


2つの疑問とも、否、でした。こういうのは自分に正直、がミソです。 どうやら違う。
しかし上記2つの点が導き出した推論もありました。


 3)後頭部をもってくることで、ピカソはまるで写真のスナップをしたかったのでは?

この後頭部のありなしを想像して下さい。まっ白なキャンパスから立ち上げ、最終的に後頭部を描く……。 なくても成立するはずです。女性だって、もう少し右に書いたかもです。
しかし、そうではなかった。
後頭部や女性が「はみだす」ことで、全体像にスナップ感覚を感じている自分はいないか?
ではスナップ感覚って他の言葉ではなんだ?


  それは「リアリティー」、はみだして存在する「スケール感」ではないか。
  作者はその場のリアリティーやスケール感を表現したかったのではないか?


ということに気付かされます。もうこれだけでも一発目の鑑賞以上のことに気付いたわけです。
が、肝心な「イイ」理由はペンディングのままです。もう一度、自分はどこを見たか?
洗い出します。

Part2 of Moulin Galette.png


パッと。 このあたりの情報量をぼんやり見ているはずです。
「色合い」の良さはまだ我慢しましょう! そこで気付くことがあります。


 4)パッと見る。 ……ってことは、逆に言うと、どこにも焦点があわないってことでは?


ここでハッとしました。
そうなんです。 この作者は「ぼかし」てる!
動くモノはボケが強く、比較的動かないモノはボケないようにちゃんと考えてる!

Part4 of Moulin Galette.pngPart3 of Moulin Galette.pngPart5 of Moulin Galette.pngPart6 of Moulin Galette.pngPart7 of Moulin Galette.pngPart8 of Moulin Galette.png


どーん!!


「雰囲気」といういわば、範囲のひろーいズルい言葉の種明かしはここにあるかもしれません。
ぼんやり見続けられる。
ということはすなわち、絵画の場合、意識的にぼかしているのだ! 同時に、まさに、スナップとしての絵画を意識的にやっているのだと、気付いちゃったりするわけです!
ピ、ピカソよ! どーーーん!!!





 5)でさ、それがイイの完全な理由?


OK。 正直に言おう。 わからない。

しかしここまで来たら解析は終了です。 ここまでやったらココロを開放していいじゃないか。
最終段階といっていた「色味」。すばらしい。人物のデフォルメも素敵。 そうとしか言えん。

しかしそんな色味やフォルムをふくめ、この場にいた作者がスナップしたいほどの「喜び」。 書かざるを得なかった「喜び」。 そういったものが伝わってくる絵だとは思いませんか?
もう一度、ムーランガレを鑑賞してみて下さいな。

こんな風に絵に接するととても愉しいですよ。 オススメです。
というわけで、みなさま、よいお年を。 (← 強引?)