読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

日々のこと

負のエアポケット → 自己ヒーリング実況中継

みんなたまらなく憤怒に満ちたときって、どうしていますか?本当に、他の人はどうしているんだろう。もう、物を壊したくなるくらい、お約束だけど本当にガラスを割りたくなるくらい「怒り」を溜めたとき、どうしていますか?どうやって解消しているんだろう…

平成29年という質量

今日、ふと(ほとんど夢のように)思ったことを、備忘録のように書いておきたい。それは、今年が、平成29年だということに改めて、気付いたことだった。「なに言ってんの? そうだよ? 今年は平成29年ですよ」というツッコミは承知だ。が、ふと、質量と…

大人になってはいけない国

以前、【ドラえもん=アメリカという願望】説をひらめいたが、元来、そういう話が大好きだ。それにサッカー日本代表について論じるのが好きなのも、結局のところ、日本人論にぶち当たるから、という面が多大だ。(ハリルホジッチ周辺を書いた【この記事】で…

禁 煙 顛 末 記

2015年の誕生日から禁煙をはじめたので、丸2年が経つ。その日々の苦闘の記録は、ココにあり、思い起こしても書いて良かったなぁと思う。なぜなら、こういう苦闘も忘れるから。その生々しさを記録できたことは今では幸いだ。今日はその後の話。何本か吸…

強制されるマジックと、やらない勇気

←激アツw(出典)【クロネコヤマトの配送量臨界問題】で改めて認識したいのは、これが地域の「勝ち組」の悲鳴だということ。ある時点でクロネコは、佐川と日本郵政を振り切った。それは個人宅レベルで3社を比較したとき沸き立つ「サービス」の違いからもわ…

止まない、雨はない。笑

やったぁぁぁぁぁぁあああああ!!!!忙しさ、峠超えたっっっ!!!!!うれしいいいいいいいいぜえええ!!!!「やまない、雨はない」さあ、みんなも、キムタク風に言ってみよう! せーの!「やまない、雨はない」ちゃんとキムタク風に言えたね?OK。まじ…

茫茫たる、忙忘

ココロを亡くすと書いて、忙うまいことを言う。いや、ちがうココロを亡くすと書いて、忘ほほほ。うまいのぉ。つまり、要するに、忙しいウチにいつのまにか忘れ去って亡くしてしまうのが、心というわけだ。ほほほ。うまいかもしれんが、嬉しくも何ともない。…

師走の風邪の引き始め

「ボーナスウィークのゲートが閉まるぞぉ! 急げぇぇええぇえ!」などとダッシュして無事滑り込んだりして。そんなスーパーマリオのウラ面のような【13月】が始まれば、なんていいだろうか。13月は仕事など一切なし。いままでやり忘れた掃除や、掃除が出…

ピークと豊かさ

去年の6月、こんな記事を書いた。 ブルー・オブ・ミッドナイトサバービアと題した記事。この国の深夜営業のピークは越えた、とファミレスの短縮営業などを引き合いに大いに哀しんだ。夜型のミッドナイトラバーである私は、寂しい、と。それから1年以上経って…

ドーナツは甘くない

今日はまあるい、ドーナツの話。ソースは、以下。ヤフーニュースはすぐ落ちるので、コピーした。 気軽な食べ物でなくなった?ミスドもセブンも苦戦、どうなるドーナツ業界 THE PAGE 8月9日(火)12時0分配信 ドーナツ・チェーンの老舗として知られるミスタード…

ドラッグの話

最近、どうするんだろうな、とボーッと考えることの一つにドラッグ問題がある。ドラッグ、だめ、ぜったい。の、ドラッグ。今年も、超有名元野球選手や有名女優の有名な旦那さんが「覚醒剤」で捕まった。麻薬、覚醒剤、シャブ、S(エス)…… これらのワードは…

アングロサクソンの遠き夢

大きなテーマすぎて、どう書いていいのか躊躇するが、書くことにする、今回のUK、EU離脱の決定。まさに、歴史、政治、経済、情緒、さまざまな面でどうとでも言える今回の事件。なのでたんなる、個人の感慨を書く。「あ、お前きったねーの!」そんな子供のヤ…

はな子と村上一郎

象のはな子が逝去した、と今日しきりに目にした。 ぞうを想う時、ボクはこの、村上一郎の歌(詩)をすぐ思い出してしまう。 そしてそれは、なんと、去年のちょうど、今日書いたものだった。 偶然のぞうのはなし。 しかしこの歌(詩)は、本当に怖いほど美しい…

引っ越してきました

こんにちは。映像をつくっている宇都宮です。 SeeSaaのブログから引っ越してきました。タイトルも一新。 「わが心のBlog」!笑バカっぽいけど、無駄にこもっていそうで気に入っています。カルチャー全般を中心に、自分の興味やハッとしたことを書いていきま…

草のおはなし

ぺんぺん草を、活けました。 今日ゆーうつにも、庭の草を刈っていました。 ほぼ逆ギレで、です。 「んだよ! まだ3月によ! なんでこんな伸びてんだっ!」 その、草にとってジェノサイド(大量殺戮)の丘で、ふと刈払機の電源を落とします。 「おお、おおお…

グッとくる場所

涙もろくなったかも、と思う。 なぜなら、「デパ地下」に行くとさいきんのぼくは、グッときてしまうからだ。 できるだけ大きなデパ地下。 それもエスカレーターで臨むのがいい。 ハイソな化粧品の地上階からエスカレーターに載りこみ地下へ。 次第にそのすき…

序破急マクドナルド

昨日のヤフーにおける、 トップランクのアクセスを誇った記事にボクも喰いつくことにしよう。 マクドナルド閉店のニュース「後ろ姿で手を振るドナルド…マック閉店ポスターが『切ない』と話題に」 がそれである。 (ヤフーの記事だとリンクが切れるので、オリ…

ブルー・オブ・ミッドナイトサバービア

サバービア。 響きはかっこいいが、辞書的には「郊外」ってだけね。 今日は、深夜の郊外の憂鬱、と題して贈る深夜帯のはなし。 深夜営業はピークを超えた。 こう実感して、久しい。 ボクは「ヨル型」を通り越し「完全深夜族」のミッドナイトラバー(←深夜を…

DAY21 まとめ

さて。 撮影をへて、今、【編集】の真っ最中だ。 というか、それは嘘。 大部分がおわった。 なぜなら今日、第一試写だからだ。 中2日で試写という・・・。 突貫、とりあえずゴールまで走れー、というね。スーパー圧縮。正直、ありえないスケジュールだ。だ…

DAY19 撮影という魔物

昨日はオレをまさに試すような、最後のテストが待っていた。 撮影。 ロケだ。 それも、15時間のロングライド。 さあ、このタフなセクションを、君は生き延びることができるか? まさに最後の関門と呼ぶにふさわしい。結果を言おう。 私は耐え抜いた。 ロケ…

DAY14 禁煙というドラマ

今日で、禁煙2週間が経つ。 安定期(?)まであと1週間、らしい。 いわゆる、「卒煙」 までは3ヶ月、「非喫煙」 のヒトへは3年、なんだってさ。 なんで3なんだ? とは思う。 なにもなかった2週間ではなかったので、価値が高かったはずだと自問し、振り…

DAY10 ドーパミンパニック

DAY2あたりから、「ん?」と思い、DAY4には意識的に気付いていたこと。 それは、無髄運動。 自律神経系の「筋の萎縮」だ。 つまり、けっこうヘビーな話である。 体がダルイ、を通り越し、筋肉が緊張している。それも硬直するかんじ。 むろん、軽度だ…

DAY7 恋と煙草

もはや、もう。 あとは、旅立つか、否か。だけだ というか、もうすでに旅は立っており、問題は、 タバコへの 恋を忘れきるか、否か。 しか残されていないだろう。 禁煙は駄目な恋愛への未練にものすごく似ている。 それらの恋愛が なんとなく 決定的な「No」…

DAY5 仕事と未体験ゾーン

DAY5。 起きたときの「欲しさ」が完全に抜けた、と感じる。 これは、嬉しい! もうニコチン的には体内にいない。ひきつづき、「たばこ」という形態への燃え残り、未練、なごり惜しさとの対決となる。 DAY5でもっとも「ほしくなった」のは、 企画を考…

DAY4 船出への拒絶

起きて、強烈な「吸いたい」はなくなる。 ここからは、もう本当に「洗脳」との対決となりそうだ DAY4。 うそ。 そんなかっこいいもんじゃない。 フツウに、吸いたい。 プカーっとしたい。 この「吸いたい」の背景にあるのは、確実に、 未練だ。 「禁煙」…

禁 煙 D A Y 3

わかってきた。 なぜ「禁煙」がこれほどまでに困難か。 そうか。 珈琲も絶たねばなるまいか ということに気付き出すからだ。 代用のチョコは逆効果だったし、珈琲はDAY1から続けて飲んでいた。大好きだからね しかし、この珈琲がもつ記憶の「トリガー」が、…

禁 煙 D A Y 2

昨日27日。DAY2。 某D社にて、朝に打合せ。 そのまえ、ギリギリに起き、電車に飛び乗る。 DAY1の夜は悪夢だった。 ほとんど明けるまで、寝付けなかった。 寝てしまいたいのに、自分がそれを拒否するような感覚だ。 オレの悪魔は寝かせたくなかったのだ。…

禁 煙 D A Y 1

誕生日だった昨日。 39になった。 ボクはその15時くらいから「禁煙」した。 およそ20年のキャリアをへて、やめることにした。 最後の一本を吸ったのが、それくらいの時刻だった。 その一本を味わって、かっこよくお仕舞いにする。 ・・・つもりだった…

69回目の夏

今日は太平洋戦争で日本の敗戦が確定した日。 終戦記念日。 今日ほど、戦争について考える日も、そうはありません。 ですので、すこし、考えます。 69年前のこの日、日本人の多くははじめて天皇の声を聞きました。玉音放送です。 ボクの父は生後1ヶ月。 母…

マーク・ロスコと劇薬

千葉に住んでいる特権の一つに、「川村記念美術館にほど近い」という点が、極私的にあると思う。いや。 ある、と思っ、た。思ったのは、初めてこの美術館に行った数年前のことだ。それまでその存在すら知らなかったわけだから。川村記念美術館。佐倉にあるこ…

この白い世界

部屋でも夜でもサングラスを掛けている。そんなヒトは、黒澤明とウォンカーウァイくらいだと思ってたが、ついに、ボクもその仲間入りを果たした。角膜潰瘍・・・・・・ついさっき行ってきた(十数年ぶりの)眼科で言われた病名。ガーン・・・か、カイヨウ・…

暮れのゴールデン

12月最後の土曜日。 それも晴れ。毎年ながらこの暮れの感覚は大好きだ。なんとなく。こういう日は早起きに限るよね。しかしながら毎年12月の作業量ってよめないが、割と爆発した…。のが今年だった。クリスマスイブなんて、撮影してた。撮影も終わり腹減…

ナイト・オブ・ザ・マクドナルド

暑い・・・暑すぎる・・・と近くのマックに避難して本でも読もうと座った。そうしたところ、ボクの隣の席には20代前半の女子が二人座っていて、大声で話している。仮にAコさんとBコさん。Aコさんの交際相手(仮に彼氏)が言ったことについてBコさんが噛みつ…

忘れる生きもの係

祭りというモノは魅力的な魔物だ。それが成功すると、成功してしまうと、成功すべきなんだけどその成功で、それまでのコンセプトワークの問題点をかっさらってしまう点がある。 僕はそこが怖い。 酒を飲まないシラフな考えだと思われても構わないけど、ただ…

どうしていこうか

宇都宮弘毅です。映像の演出をしています。はじめまして。って、本名でブログって、のっけからいきなりかなりナーバスになりますね。以前、ニックネームで何年か気ままに書いたことがありますが、こうして直々と始めますとやはりのっけから「どうしていいか…