わが心のBlog

by Hiroki Utsunomiya

追憶、「ダンジョン」とBBOYPARK2001

以下、敬称略で綴ります。またMCバトルや「フリースタイルダンジョン」の説明等も割愛します。感慨と追憶を綴る。 一昨日、5月14日火曜日深夜。テレビ朝日&AbemaTVの人気番組「フリースタイルダンジョン」で、ラスボスの般若が引退した。そこで行われたR指…

令和狂騒曲の最後に。

令和狂騒曲ももうアウト・オブ・デート。そのさいごとして。どうしてもコイツだけは言って締めくくりたい。 これらが令和以外の、最終候補だが・・・ダサすぎるということを。いや・・もはや・・・怒りすら覚えるレベルにダせぇ。そうは想わなかっただろうか、…

続・黄金なるもの

今日は令和元年、5月5日。GW終了まであと1日。という夕暮れにこれを書いている。キーボードを打つ手はへとへとだ。握力がない・・さっきまでひたすら草むしりしてたからだ。——いや。刈払機も駆動すっからな?もーだめ。あーもう夏よ来るなってくらい、この5…

黄金なるもの

ゴールデンウィーク。大好きである本当に好きなのである私はフリーランスの映像作家で、暦があまり関係がなく、むしろ我が身とスケジュールを窮地に立たせられることさえある連休。なのだが、だいすきなんだなぁ。みつをもっと言うと、ゴールデンウィークお…

初のゴールド授与

ゴールド・・・ついに・・・、はじめてゴールドを獲った!私の免許証がついに金ぴかにっ!!5年間、無事故ノー罰則。らしい。▇▇▇▇もやってるし、そうだ、トヨタのディーラーに車検出したとき▇▇が▇▇▇▇で▇▇▇▇▇だったこともあったりなかったり、そうかぁ、この…

失われたカールの記憶

最近、カール見かけねぇなぁ・・などとおもい調べるとなんと!中部地方以東の販売を終了していた!!なんだとぉおおおお!?という情感が、オレに筆を執らしめた。もう、おらが村は関東には存在しないのだ。売り上げ低迷につき2017年9月より、である。 むろ…

令和の時代 〜「令」を考える〜

告知から一夜たち、新元号「令和」に触れます。第三の印象として、昨日書きましたが《「令」という「本来」の「再認識」も含まれている》——この印象ですよね。どうしても。令和と掲げられた時、むむ、令か・・・という反応を自分は認めた、ということです。…

令和の時代

令和 か。官房長官が額を掲げた瞬間、ホッとしたのと意外だ、という第一印象をもった。意外という感慨はラ行か、ということ。それも「令」。うおおお・・と。ホッとしたのは、前エントリーで言及したことなので割愛する。そして私の中では第二印象こそが強く…

平成の時代

Hey! Say!の時代が終わろうとしていて、なんかそんな平成まとめニュースもよく見ますよね。で。まず、この議論や感慨を「言える」ことがしみじみいい事だと思うのです。だって、昭和が終わろうとしている、なんて30年前は言えなかったのですから。のちに平…

接店員マニュアルと海外の話

別に今書く必要もないながら、最近もふと遭遇したのでココを書こうと思った。接客ならぬ、接・店員のわがルールを。今日のトピックは接店員。これは欧米スタイルというか、欧米では一般的で私も取り入れていること。それは、合わせ鏡にするということね。店…

gifted

なにごともだが、しぶとくねばっているとキミョーなでもめちゃくちゃレアなそれでいて全くシェア不可能な発見・・・いや、もはや深層の真相・・・ に出くわすことがあるしかもたいていそれは!くりかえすがシェア不可能でごく限られた、1ミリメートルの世界…

ハセベとカガワ

久しぶりにサッカートピックを。今が旬、を紹介します。ドコモに加入しているとたまに良いことがあります。【DAZNを安く見られる】という現象がその一つで、サッカー好きとしては当然チェックします。そこで今、日本サッカー界でもっともセクシーな男は香川…

After You

アフター・ユー。「お先にどうぞ」を表わす英語。しかしそれはあなたのあとに、と書かれている。とてもじゃないが、意訳は足りてない。日本語のポップな文字ヅラ上の「お先にどうぞ」ではとても足りない、精神性を背負った言葉なのだ。それを意訳は伝えてい…

かっこいい駅名(東京路線図篇)

ひきつづき、恵方巻がキライな筆者です。おはこんばんちは 「高輪ゲートウェイ」の話題ももうアウトオブデートの感アリアリだが、先日朝日新聞の耕論でも駅名にまつわるオピニオンがあり、自分も思いを巡らせた。「かっこいい駅名、なんだろな」東京路線図を…

SS

関係ないが、恵方巻がほんとうに大キライです。昨日は試写用の映像を上げた。きってもきっても終わることのない素材を切ること幾数日。下茹でし、だしにつけ、とにかく編集なんて作業は、そのほとんどが「下ごしらえ」。編集とは具材を切るのがもうほんと8…

この白い世界 Pt.2

まさかこの記事(事件)にパート2ができようとは・・ 上記の時罹った目の病、角膜潰瘍を再び患った。おしごとで撮影中の今週の話。瞬きするたびに右目の奥がギューんと鈍く痛みだし、開けられない状況に。撮影チェックで、照明の被写体としてスタンドインな…

ハリウッド・フェスティバル・オーケストラ

あけましておめでとうございますとりいそぎ、ご案内まで!新春来日コンサートです 【チケット販売】ハリウッド・フェスティバル・オーケストラ 【チケットぴあ】ハリウッド・フェスティバル・オーケストラ2年に一度この時期に来日、映画音楽の、名曲の数々…

クラムボンは笑ったよ

今年の自分10大ニュース。そのなかに、これがある。宮沢賢治の「なめとこ山の熊」に触れたこと なんとうつくしい話だろうか 青空文庫にも(ふつうに)あるから興味があれば、ぜひ触れてほしい(※ここに。)とある朗読の会で私はこの話に触れた。 なんだろ…

話題作と関わる

残念ながら、タイトルは「に」ではない。話題作「と」関わる。これについて最近、思うことが多いので書きます。はじめに伝えておくことがあります。それは、以下すべては自分自身のトロです。親愛なる友人諸氏を敵に回そう・感想を踏みにじろうと書かれたも…

マッタン冷え性、マイグローブ

ふしぶしが痛く、どうやら風邪の引き始めだ。今日試写があり、久しぶりに会ったプロデューサーもがっつり風邪をひいていたが。オレも今日に間に合わせるためにがちっと昼夜ゴーゴーゴーだったので、一気にきたようだ。であれば・・と、帰りにスーパーでレモ…

チョコレートの民度

まあタイトルと、写真の通りなんですが。「すごくね?」と思い、スーパーで撮ってしまった。むろんむろん。「カカオ◎◎%」は今に始まっていない。オレが、お!? と思ったのは2年くらい前かな。「MEIJI THE CHOCOLATE」(▶参照)をコンビニで発見した時「こ…

劇場、テレビとスマホ

劇場、テレビとスマホ。これはメディアの違いや「大きさ」以上に違いがある、と今日寝ながら思った。今さら、というか、あらためて。本来これはほとんど「つぶやき」なんでツイートしとけ、って話ですが、オレはTwitterに馴染めず、アカウントもない。ここに…

タスオビからの解禁(Mac秋祭)

さいきん多いですが、リマインド! 去年「タスオビの嵐」というエントリーをこさえました。秋はMONO恋しくなるのかどうもソッチ系多いのですが、この時、Macって「襷に長し帯に短し」、中途半端なんだよ2017。と書きました。「いいとこ突きたいんだよ」…

リマインド:ドラッグの話

今日は、ひと作業が昨夜終わり、穏やかな昼下がりだ。とくにトピックがあるわけでもない。けど素敵な陽気。パーフェクトデイ。こんな前の記事をのせておしまいにしますカナダでも「娯楽用」大麻が解禁になるとのこと。世界のトレンドは解禁方向に向かってい…

こむらがえる夜

いく月の かさねつきたる秋の夜の われ目を閉じてこむら かえらん毅覺これは歌人の毅覺が謳った歌、とされています。「空をゆく月が重なるような秋の夜だ、私は目を閉じると、この村への別れを想うのだろう」。おそらくもう二度とその地を訪れることはないの…

自分くんとの日々

これは3年前。2015年の今日、10月10日の記事。OFFってたものだ。読み直すとたいへん真っ当なので、ここに再掲する。一つのプロジェクトが終わった時の、センセーションをこの記事は述べている。あ。そのあと「後記」も今としてすこし追記しました。 (以下、…

京らーめん糸ぐるま《詣で篇》

このブログで激変が起こった。ハテナブログのサービスには「注目記事」欄があり、どの記事が一番読まれているかがトップからわかるようになっている。書き手としては「へー。そうなのか」とたいへん参考にしているのだが、開設以来、常に不動の一位だった「…

機材トーク:2018秋

ぐわあああぁぁああ!ぶ、BUTSUYOKUがぁぁああ!!あうぅぅぅううううああああ!!!ブシュッッッ! (太腿に畳針を刺す)ハー、ハー、・・ハー・・・物欲が・・とまらん・・ほしぃ・・・ほしすぎる・・・なにがって・・・新しい機材が欲しすぎる・…

やかんの把手を制覇した。(ぬか喜び)

追記。8/31残念ながら効果は限定的です(検証により。)大中小コンロがあったとして、小コンロ限定かもしれない。以下、朱色は追加・・。 私は今、猛烈に感動している。なぜなら、やかんの把手が熱くならない方法を発見したからだぁぁあああああ!いわゆる…

映画とライブの違い:ゴーストバスターズ 2016

無性に84年の「ゴーストバスターズ」が観たくなり、ゲオで2016年版と「II」も一緒に借りた。2016年版。未見だ。そういや観ていない。得したような感覚もある。どれ観てみようか、と。やな予感も同時にあり(笑)、残すとアレだと真っ先に見た2016年版。今日…